• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> モデルプラン >> 都心狭小地の新築外構・リフォームガーデン >> 狭小地外構において駐輪スペース確保は最重要課題。

狭小地外構において駐輪スペース確保は最重要課題。

一昔前まで、新築外構というと、まず駐輪スペースを重要視する場合が多かったものです。
これ自体はかわらないことなのですが、ご結婚と少し経って、お子様が生まれて成長されるに連れある問題が発生することが増えています。それは、駐輪場です。

なぜなら駐輪スペースは、お子様がふえるごとに自転車の台数が増える、大きくなられるとそこにバイク等も購入すると、エクステリアの構成要素の中で実は最もご家族のライフサイクルに振り回されやすいスペースだからです。

しかしながら、この駐輪スペースが取られていない新築外構が特に都心狭小地では一昔前までたくさんありました。
そこで、既存の花壇を壊して駐輪スペースに・・・といったご要望が増えています。
フロントガーデン部に面したエリアというと、建物外観を左右するスペースです。

ご予算との兼ね合いもありますが、ある程度「見た目」も意識したプランニングを大切になるのではないでしょうか。

駐輪スペースプラン例
例えばこちらはもともと花壇がある場所を壊して駐輪スペースに作り変えるといったプランです。

やはり、道路から見える部分ということで単純にサイクルポートを立てるのではなく、門扉の後ろにある玄関扉を開けた時の視線を隠し、駐輪スペースの防犯的な意味合いもある目隠しをサイクルポートの柱に取り付けています。
また門周りもこれに合わせました。現在の状態はオープン外構のところを、玄関の部分のみをしきったセミクローズ外構にされたいということで同素材で門周り・門塀も作るプランとなっています。

こちらのプランではタカショーさんの「アートポート」及び木目調のラッピングアルミ材であるエバーアートウッドなどを組み合わせたプランとなっています。
現在、いわゆる大手メーカー品のサイクルポートやカーポート等で「木目」のあるデザインの商品といえばこちらになっています。

既存の花壇の解体等を含めだいたい60万程度の工事ですが「見た目を重視して、ある程度の外観を意識した」プランなので、商品等の変更で減額のご提案も可能です。

では、実際のところ限られたスペースで既存で外構がある場合どうやって、駐輪スペースを確保すればいいのでしょうか。

これは実際の施工現場事例が2例ありますので、こちらをご覧ください。


ガーデンリフォームでおしゃれな自転車置き場創り 高槻市

車庫拡張・外構リフォーム工事  大阪府枚方市T様邸


関連のモデルプランを見る


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------