• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> エクステリアの基礎知識 >> 植栽のよもやま話。 >> ボックスウッドと幾何学式ガーデン

ボックスウッドと幾何学式ガーデン

ボックスウッド

今回取り上げるのはボックスウッド。またの名をセイヨウツゲと言います。では、この樹木はどのような使い方をすべきなのでしょうか? そのヒントはベルサイユ宮殿に・・・と言えば大げさでしょうか?

ボックスウッド(セイヨウツゲ)は、ツゲ科、ツゲ属、ボックスウッド(種)と言う名の常緑低木です。その名の示す通り、日本のツゲの親戚で、樹形・使い方共に多くの共通点を持っています。また、日本で普及したのは最近ですが、ヨーロッパでは古くから無くてはならない木材であり、ガーデン用樹木です。

ボックスウッドの自生地は地中海沿岸、北アフリカ、西アジアなどで、ヨーロッパ系の樹木であることは一目瞭然。学名は「Buxus(ツゲ属) sempervirens」。樹木の特性としては、低木だが樹高8m程度まで育つ、開花期は34月、乾燥に強い、ただし強い陽光で葉焼けすることもある、葉は楕円形で日本のツゲより少し大きめ、冬には紅葉することがある、刈り込みに強い・・・など。

ではボックスウッドはヨーロッパの人たちにどのように使われてきたのでしょうか。1つ目は、材木として。日本のツゲも木材としてはきめ細かく狂いが少ないため、工芸品用として珍重されてきました。最も有名なものとして櫛を上げることができます。ボックスウッドもよく似た性質を持ち、高級な箱材として使用されました。そうボックスウッドと言う奇妙な名前もここから来ています。

2つ目は、平面幾何学式庭園(フランス式庭園)を構成する重要な樹木として。同庭園は広大な平面空間に作られ、幾何学的な構成となっていました。そして、幾何学構成の一部としてパルテールと呼ばれる緑化スペースを作りました。その演出の主役として、刈り込みに強いボックスウッドが大量に使われました。そして、平面幾何学式庭園最大・最高の作品がベルサイユ宮殿です。

このような歴史、使用方法を知っていると、家庭のガーデンでもどのように使うべきか、もうお分かりいただけたと思います。そう、緻密で背の低い生垣、境界を明確に示すグリーンベルト、トピアリー、などが最適と言うことです。逆に成長はしますが、背の高い生垣等には時間がかかり不向きです。また、雑木中心のガーデンでは、一部に幾何学的構成を取り入れ、そこにボックスウッドを使うことをお勧めします。この点もまた、モダン和風ガーデンの中のツゲの使い方と似ているのかもしれません。


ボックスウッドのトピアリー
ボックスウッドのトピアリー

関連のエクステリアの基礎知識を見る


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------