• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> エクステリアの基礎知識 >> 植栽のよもやま話。 >> プリペット人気急上昇の理由

プリペット人気急上昇の理由

プリペット

シンボルツリー、記念樹等につてはこだわる人も、中・低木、グランドカバーについてはプロにお任せ、適当に、と言ったケースも珍しくありません。でも、ガーデンで重要な役目を果たしていることに変わりはありません。これを機会にもっとこだわってみてはいかがでしょうか。

中・低木の役目としては、生垣、副木・部分演出、日陰の演出など。グランドカバーに関しては面の演出、壁面の演出、ポイント演出などがあります。これらの各部に深く入り込むのは別の機会に譲り、ヤブニラミ的視点も含め、各項目の人気種に限定しピップアップすることにします。

まずは生垣用の樹木から。そのトップバッターはプリペット。極端なこだわりを持った方はともかく、一般的な生垣の相談に関してはプリペットを一押ししています。理由は、育てやすさ、目隠し度、外見、イメージ、と言った全ての面で優れた特性を持っているからです。でも、プリペットとはいかなる樹木なのでしょうか?

庭木プリペット、生垣プリペットのことを知っている人は珍しくありません。それだけ人気があり、普及率も高まってきているからです。でも、樹木プリペットについてはベールに包まれた部分が多く、殆ど知らていません。理由は、ガーデン用の植物として輸入された木で、植物図鑑等で調べても、意外に記述が少ないからです。そこで、あえて樹木プリペットとはどのようなものか提示しておきます。

プリペットの別名はセイヨウイボタノキ(西洋水蝋樹)。モクセイ科、イボタノキ属、の常緑低木で、原産地はヨーロッパ、アフリカ北部です。学名は「Ligustrum(イボタノキ属) sinense」。ここで注目すべきは、モクセイ科の樹木であること。キンモクセイやシマトネリコ、レンギョウ等の遠い親戚です。だから、花・樹形に魅力があるのでしょう。しかも、人気の高まりとともに、シルバー(葉に白斑が入ったもの)、オーレア(葉に黄斑が入ったもの)、なども普及し出し、魅力が増しています。

でも、兄弟分のイボタノキとはどのようなもので、なぜこのような名前が付いているのでしょうか。同樹は日本に自生する落葉低木で、葉が小さく当然のことながらプリペットとよく似ています。名前は寄生するイボタロウムシから蝋が取れ、これを敷居の滑り剤等に使ったため。ちなみに、公園樹などにも使われるネズミモチ(葉がモチノキに似て、実がネズミの糞に似ているためこの名が・・・)はモチノキの仲間ではなく、イボタノキの仲間です。



シルバープリペットの生垣施工例はこちらへ。


シルバープリペット事例
シルバープリペットの生垣の事例です。
こちらの詳しい施工写真は当店ホームページのこの施工事例をご覧下さい。

関連のエクステリアの基礎知識を見る


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------