• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> エクステリアの基礎知識 >> 植栽のよもやま話。 >> 江戸時代には既にツツジの園芸種 ヒラドツツジ・クルメツツジ

江戸時代には既にツツジの園芸種 ヒラドツツジ・クルメツツジ

2つとも最も身近なツツジで、この名前を見ても九州の人たちがが、ツツジの改良で最も大きな貢献をしたことが分かります。勿論、現在も日本最大の供給元です。

ヒラドツツジとは、長崎県の平戸市で改良されたツツジ。ケラマツツジ、モチツツジ、キシツツジなどをベースに品種改良されたもので、多くの園芸種種がそうであるように常緑のツツジです。最大の特色は、樹木、花とも大ぶりであるということ。だからこそ、ツツジ園ではヒラドツツジをベースにしているケースが目立ちます。その他の特色としては、45月に開花、花の色はピンク・白が多く混色もある、本家の平戸の長崎公園では300種以上が植えられている・・・など。ヒラドツツジを語るとき、その歴史の古さも忘れてはなりません。1712年に編纂された「和漢三才図会」にヒラドツツジが登場しているからです。つまり、江戸時代にはすでにツツジの改良が始まり、よりあでやかなツツジを楽しんでいたということ。

園芸種でヒラドツツジと双璧をなすのがクルメツツジです。勿論、福岡県の久留米市とその周辺で改良されたツツジであるため、この名前が付いています。つまり、ツツジを語るとき九州を抜きにはできないということ。クルメツツジは花・樹木ともやや小ぶりなものが多いのが特徴。キリシマツツジをベースにヤマツツジ、ミヤマキリシマ(ツツジ)等を交配したもので、花の色はよりあでやかでバラエティーに富んでいます。それだけに、住宅の庭木として使う場合は、より大きな魅力を持っているといえるかもしれません。

クルメツツジも古い歴史を持っており、江戸時代末期の天保年間(1830年〜1843年)に有馬藩士・坂本元蔵が上記ツツジを交配して作出したといわれています。植物の品種改良と言えば、なんとなく欧米、日本では明治時代以降と言ったイメージを持ってしまいますが、ツツジの歴史を追うだけでも、より古い時代からチャレンジが始まっていたことが分かります。しかも、米などの農産物だけではなく、観賞用の樹木・花等についても古くから挑戦し続けていたということ。たとえ生活は貧しくても、人は絶えず美しものを求め続けるということでしょうか。少し、うれしい気も・・・


ヒラドツツジの施工事例はこちらへ。


ヒラドツツジ
ヒラドツツジ
ヒラドツツジ施工事例
ヒラドツツジの施工事例です。こちらの詳しい施工事例は当店ホームページのこちらをご覧ください。

関連のエクステリアの基礎知識を見る


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------