• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> エクステリアの基礎知識 >> 植栽のよもやま話。 >> もっとオリーブを楽しむために。

もっとオリーブを楽しむために。

オリーブ

オリーブは本来農業用の樹木。当然のことながら、収穫の楽しさをプラスしてこそその真価が発揮されます。でも、一向に実がならないという話も・・・

オリーブは、モクセイ科、オリーブ属、の常緑高木です。オリーブと言えばスペイン、イタリアなど地中海イメージの強い樹木で、やはり原産地も同エリアです。日本でも農業用、庭木などの観賞用等、広く普及しておりご存知の方も多いでしょう。葉が硬くて細長く個性的で見分け方も容易です。日本には1910年ごろに入ってきており、小豆島で栽培に成功し、現在もオリーブの島として発展していることは有名。ただし、あまり知られていない特性もあり、そこからの失敗も。そこで、シンボルツリー他の庭木として、よりオリーブを楽しむポイントを以下に提示しておきます。

1のポイントは、単にオリーブと言っても極めて品種が多いということ。大半が園芸種ですが、一説によると1,000種を超えるとも。日本にも60種以上が入ってきています。従って、樹形を楽しむだけなら問題はありませんが、収穫も期待するのであれば、オリーブなら何でもよいというわけにはいきません。

ミッション、ネバディ・ブロンコ、マンザ二ロの3系統が特に有名ですが、それよりもどのような実を収穫するかを明確にする必要があります。なぜなら、油分が少なく食用とするタイプ、油分が多くオリーブオイルを採取するためのタイプ、中間タイプ、の3系統があるからです。庭木の場合は、オイルを採取することはまず無いため、当然油分の少ない品種を選ぶべきでしょう。

2のポイントは、オリーブは自家受粉率が低い樹木であるということ。従って、近くにオリーブが見当たらない場合は、異なった品種を2本以上植えるようにしてください。最も、最近は自家受粉率の高い品種も開発されているとのこと。1本しか植えない場合は、そのような品種を探すのも1つの方法でしょう。

オリーブはさまざまな伝説、地中海のロマン、育てやすさ、個性的な樹形、など極めて魅力的な観賞用樹木でもあります。ただし、庭木に使う場合は、品種に無頓着で実がならず後でガッカリ、といった話もよく耳にします。せっかくシンボルツリー等に選ぶのであれば、もう少しこだわり、実を観賞した後ピクルスにして楽しむ。こんな+αも求めたいもの。だからこそ、オリーブを植えるのではなく、どんなオリーブを植えるべきか考えて見てください。



施工事例はこちらへ。


オリーブの庭
オリーブの木を庭木に採用した事例です。こちらの詳しい事例はこちらのページをご覧ください。

関連のエクステリアの基礎知識を見る


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------