• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> エクステリアの基礎知識 >> 植栽のよもやま話。 >> スッキリ常緑樹NO1「ハイノキ」

スッキリ常緑樹NO1「ハイノキ」

 前項では、常緑樹では数少ない、スッキリした樹形のソヨゴを取り上げました。そこでこの項では、より繊細でまさにスッキリ系NO1の樹木を紹介します。その名はハイノキ。まだ、普及率は高いとはいえませんが、植木好きの人達の憧れでもあり、隠れた人気NO1樹木でもあります。従って、値段はやや高めですが、ネット販売などでもあっという間に売り切れゴメン・・・

 ハイノキ(灰の木)は、カキノキ目、ハイノキ科、ハイノキ属、の常緑小高木です。学名は「Symplocos(ハイモキ属) myrtacea」。自生地は近畿以西の本州、四国、九州で、特に九州での分布率が高いようです。従って、比較的暖地を好む樹木と言えるでしょう。また、学術的な記述が少ない樹木で、正確には分かりませんが、日本の固有種か、固有種に近い樹木と考えられます。樹木としての特色を上げると、成長すると10mに達するが一般的には4~5m以下、花期は5~6月で白い小花を群開し美しい、葉は細長くヘリが鋸状、枝が細く樹形が繊細、成長が遅く樹形が乱れにくい・・・などを上げることができます。この特性を活かし、栽培されている苗木は殆ど株立で、この点も人気の要因と言えるかもしれません。


施工事例はこちらへ。

 育苗された樹木は結構耐寒性があるとも言われていますが、まだ寒冷地でのデータは少なく、どのエリアまで庭木として使えるか、不明瞭な部分も残ります。従って、関東以西(南)に限定した方が無難かも知れません。また、暖地の森で育った比較的小さな樹木であるため、半日陰には対応できても、西日には弱いと言う一面があり、一定の配慮が必要です。ハイノキとは変わった名前ですが、これは木灰が染色の媒染剤に適しているため。

 また、ハイノキは1科、1属のかなり特異な樹木グループでもあります。ハイノキ科、ハイノキ属の樹木は、アジア、オーストラリア、南北アメリカ、など分布範囲は広く、日本にも20種ほどが自生しています。また、落葉、常緑の両方があり、低木~高木までとサイズも様々。しかし、花の形が特異で、ハイノキ科の学名(Symplocaceae)もここから付けられました。ラテン語で「いっしょになる」と言う意味で、多数の雄しべが5組の束になっているため、この学名となったと言うことです。

 ハイノキ、この隠れ人気NO1常緑樹をぜひシンボルツリーに! しして、スッキリ樹形を楽しみながら、小さな花もじっくりと観察し、学名の意味を自ら確かめてみてはいかがでしょうか・・・
ハイノキ
高価ですが、最近人気のハイノキ。涼しげな樹形が人気の秘訣。
ハイノキ施工写真
ハイノキの実例写真です。こちらの詳しい施工写真はこちらのページをご覧ください。

関連のエクステリアの基礎知識を見る


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------