• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> エクステリアの基礎知識 >> 植栽のよもやま話。 >> 四季を満喫できるヤマボウシ

四季を満喫できるヤマボウシ

この項では、ハナミズキの兄弟分であり、最も人気の高いシンボルツリーでもあるヤマボウシを取り上げます。

ヤマボウシは、ミズキ目、ミズキ科、ヤマボウシ亜属、ヤマボウシ(種)、と言う分類の落葉小高木です。これを見ても分かるとおり、アメリカ出身のハナミズキとは、故郷はまったく異なるものの、極めて近い親戚に当たります。自生地は本州~九州、朝鮮半島~中国の一部。ただ、ヤマボウシの学名は「Benthamidia(ヤマボウシ亜属) japonika」で、ハナミズキの「Benthamidia  florida」と比較すると興味深いものがあります。ヤマボウシは日本代表であり、ハナミズキはフロリダ代表、そんな印象の強い学名であるからです。

両者は近い親戚であるだけに、樹木としての学術的特性も非常によく似ています。特に花(正確には花とその周辺の構造)に大きな特色があります。両者ともあでやかな花を咲かせる。ただし、それは花ではなく総苞という花の基部の葉である。そして、本当の花は総苞に包まれた中心部にあり小さくて目立たない、と言った形状であるからです。勿論、これがヤマボウシ亜属の共通の特色でもあります。

ただ、ヤマボウシは葉が出揃った後に花(総苞)が咲く(ハナミズキは花が先)、花期が5月後半~6月初旬でハナミズキより2週間~1ヶ月遅い、花は大半が白(最近はピンク系、クリーム系も)でやや地味だが清楚、と言った違いがあります。従って、花を見ればハナミズキ・ヤマボウシの区別は簡単につきます。

また、時期を限定すれば、両者の間にはより大きな相違が現れます。それは、果実(実)です。両者とも秋に赤い小さな実を着けますが、ハナミズキは表面がツルリとしており、食用にはなりません。しかし、ヤマボウシの実には少し凹凸があり食べられます。そう、ヤマボウシは和製のベリーでもあるわけです。その他にも、ある程度成長すれば、樹皮の割れ方が異なるなどの相異はありますが、花・実期を除けば、両者の区別は容易ではありません。

また、人気の樹木だけに、ハナミズキとヤマボウシの交配種、実の大きな改良種(ビッグアップル)、赤系の花を着ける品種(源平、サトミ)、クリーム系の花を着ける品種(金陽)、など多くの改良種も出回るようになりました。楽しみが増えた反面、ヤマボウシ本来の魅力が薄れつつあるようにも感じます。もっと「B.japonica」の名を大切にするべきではないでしょうか。


ヤマボウシ

「ヤマボウシ亜属の日本代表ヤマボウシ! japonicaの名をもっと大切に!」


ヤマボウシの施工例はこちら。

関連のエクステリアの基礎知識を見る


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------