• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> エクステリアの基礎知識 >> 植栽のよもやま話。 >> 雌がいなくなってしまった。。。キンモクセイ

雌がいなくなってしまった。。。キンモクセイ

キンモクセイ

前項のキョウチクトウと同じように、実・種を見たことが無い、でも身近な樹木キンモクセイを紹介します。いや、キョウチクトウ以上に実・種を探すことは困難です。おばかな筆者も意地になって実・種の写真等を探しましたが、見つけることが出来ませんでした。何故でしょうか?

キンモクセイ(金木犀)は、ゴマノハグサ目、モクセイ科、モクセイ属の植物で、ギンモクセイの変種です。そう、馴染み深い樹木ですが、むしろ少数派と思えるギンモクセイが基本主。変種の方が花が美しく、香りも派手であったため主役となってしまったと言うことです。原産地は中国で、日本に持ち込まれたのは江戸時代。キンモクセイの中国名についても、実は誤解されています。日本では「桂花」と思われていますが、これはグループ名であり「丹桂」が正解であるから。

樹木としての特徴としては、雌雄異株、常緑の小高木、長円形の硬い葉、10月頃にオレンジの花を群開させ美しい、その花には強い芳香がある、病害虫が少なく育てやすい、などを上げることができます。ただ、筆者の私見では虫害はかなり多い樹木であるように思います。

さてここからが、「+αの植栽・・・」の本番。キンモクセイのどうでも良い?うんちくを列記しておきます。まず、冒頭テーマの、実・種を見ることが出来ない理由について。答えは、より花が美しく香りが強い雄株のみが輸入され、雌株が存在しないため。従って、日本のキンモクセイは全て挿し木により繁殖されています。ところが、ここで更なる問題も。マニアやへそ曲がりが、原産地中国で、実・種を求めたり、写真を入手しようとしても、事情は日本と同じで、少なくとも一般人には入手困難であるとの事。まさか、学術研究の分野も含め、雌株喪失=事実上の種の滅亡、などと言うことではないでしょうが、雌のいないキンモクセイ、何となく気の毒な気がします。

2つ目のキンモクセイのエピソードはその芳香に関するもの。当然、古来から香りが様々な形で利用されてきました。最も有名なものが「桂花茶」。中国茶の1つですが、花と葉を使ったもので、勿論その素晴らしい香りが最大の売り物。香りブームの昨今、貴方もお試しを・・・

でも、キンモクセイの香りには気の毒なエピソードもあります。実は、日本で芳香剤メーカーが最初に狙いを付けたのがキンモクセイでした。そして、当時は芳香剤と言えばトイレ。そして、トイレ用のキンモクセイ系芳香剤が普及すると、トイレ臭=キンモクセイ、と言うマイナスイメージが出来上がり、以後は次第に姿を消していったようです。そういえば、最近の芳香剤、キンモクセイの香りと言うものにはあまりお目にかかりません。

伴侶を失った雄株達の実情、香りに対する濡れ衣・・・今も私たちを楽しませてくれるキンモクセイですが、人間の身勝手から生まれた、少し可愛そうな樹木でもあるようです。

関連のエクステリアの基礎知識を見る


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------