• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> エクステリアの基礎知識 >> 植栽のよもやま話。 >> 植栽、貴方の知らない+α

植栽、貴方の知らない+α

植栽よもやま話

最近軽視する人も少なくない、でも外構・ガーデンのもう1人の主役「植栽」について考えて見たいと思います。でも、樹種の選び方、特性、育て方、管理のポイント・・・等々、大切なことですが、それだけじゃ面白くない。他の、エクステリア商品・プランと異なり、植物とは生き物であるからです。

例えば、ペットを飼う時、それは1匹のワンちゃんであっても、貴方と、ご家族と特別な関係が生まれます。この点が、他の商品や蒐集物と決定的に異なるところです。では、その違いとは具体的になんでしょうか。難しい問題ですが、大きく分けて2つの要素があると思います。一つは、生まれ、成長し、やがては死を向かえると言うことです。つまり、単なる経年変化と言ったものではなく、生物特有の時が流れると言うこと。

二つ目は、生きているが故に、特有の思い入れが生まれると言うこと。例えば、やたら血統やその姿・性格の自慢をしたくなる、家族同等の信頼関係が生まれる、他人が知らない知識を披露したりうんちくを述べたくなる、そんな気持ちにさせてくれると言うこと。勿論、生き物以外の物にも、人は様々なこだわりを持ちます。しかし、生き物どうしの場合はやはり特殊な世界がそこにあります。

「植栽」も同じです。だからこそ、世間の常識を超えた付き合い方があってもいいはずです。いや、特別な付き合い方をしている人は、既に多数おられます。しかし最近は、マニアと一般の人に2極化しているように思えてなりません。同時に、マニアと言える人の人口が減り、そこに植木が植わっているから、たまに視線を止める、最低限の水やりをすると言った、一般組みが増えているようにも感じられます。

何故でしょうか? 生活時間にそれだけ余裕が無い、自然に対する全体的な知識・興味が薄れている、無生物と違い付き合うことが面倒くさい・・・理由は様々でしょう。でも、筆者は付き合い方に遊びがなさ過ぎる。それも大きな要因ではないかと考えています。しかし、生き物とより深く付き合うには、一見どうでもよいことこそ大切なのでは・・・

そこで、このカテゴリでは一見どうでも良いことを特に重視し「植栽」を取り上げることにしました。例えば、どこでも目にする、キョウチクトウの実・種を見たことのある人は殆どいません。何故でしょうか? 答えは、インド原産の植物で、中国を経て輸入されたが、殆ど結実しないクローン種ばかり育苗され普及したため。そして、このキョウチクトウだけでも、あまり知られていない秘密が他にもあります。


関連のエクステリアの基礎知識を見る


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------