• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> エクステリアの基礎知識 >> 樹木のお話 >> 椿の仲間なのに落葉するシャラ・ヒメシャラ 

椿の仲間なのに落葉するシャラ・ヒメシャラ 

ヒメシャラ
「シャラ」「ヒメシャラ」は共にツバキ目、ツバキ科、ナツツバキ属の植物です。つまり、ツバキの仲間なのですが、ナツツバキ属は落葉します。に、樹高は10m以上になる高木で、樹形がすっきりとしており、シンボルツリーとして高い人気があります。
 
落葉樹ではありますが、比較的暖かい関東以西に多く自生し、庭木にする場合も極端な寒冷地は避けるべきでしょう。
樹皮はツルツルしており、全体に女性的な優しい雰囲気があります。また、ツバキの仲間なので、花も美しく、その名が示すすように一般のツバキやサザンカと異なり、冬~春ではなく、6月~8月に開花します。花の色は白で、「シャラ」は5㎝程度、「ヒメシャラ」はそれよりも小ぶりです。
 
「シャラ」と「ヒメシャラ」の違いは、花の大きさもありますが、「ヒメシャラ」の方が樹皮に赤味があり、さらにツルツル感が強くなります。
 
「シャラ」は別名を「ナツツバキ」とも言います。むしろ、属名からしてもそのほうが学問的には正しいのかもしれませんが、最近の園芸の世界では「シャラ」のほうが通りがよいようです。
 
また、「シャラ」の名は、インド仏教の有名な修行の場であった、祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)に植えられていた有名な木「沙羅双樹(さらそうじゅ)」に由来します。ただ、実際の「沙羅双樹」はフトモモ科の樹木で、まったく別種です。
 

関連のエクステリアの基礎知識を見る


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------