• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> エクステリアの基礎知識 >> 樹木のお話 >> おめでたいセンリョウ・マンリョウ

おめでたいセンリョウ・マンリョウ

センリョウ
日陰でも良く育つ樹木のラストには「センリョウ」と「マンリョウ」を取り上げます。お金持ちになれそうな名前で、めでたい木として取り上げられ、お正月などに良く飾られることはご承知の通り。
 
「センリョウ(千両)」はセンリョウ科、センリョウ属の小低木です。一方、「マンリョウ(万両)」は、ヤブコウジ科、ヤブコウジ属の常緑小高木で、系統がまったく異なる樹木です。
しかし、両方とも樹高1m以下の小さな木で、関東地方より西・南部に広く分布しており、森林の下で育ち日陰に強いと言う特色を持っています。従って、庭木・鉢植えとしては同系統の扱いをされることが多いようです。
 
「センリョウ」は、楕円形で縁が鋸状になった、光沢のある葉を持っています。花は7月~8月に咲き、小さく黄緑色です。目立つものではないが、原始的な特性を持っており、被子植物の原点に近い種類であるといわれています。
実は10月頃に熟し、冬中楽しむことが出来ます。数は「マンリョウ」よりも少ないのですが、葉の頂部にしかも上向きに着くため、良く目立ちます。
 
一方、「マンリョウ」の葉は細長くつやがあり、縁が柔らかに波打っています。花は7月頃咲き、柄が長く下向きに付くのが特徴。このため、実も下向きに垂れ下がります。赤く熟すのはやはり10月頃で、2月頃まで楽しむことが出来ます。
「マンリョウ」は、根元から新しい幹を出すのが特徴で、殆どが株立ちとなります。また、同属に「ヤブコウジ」があり、非常によく似ていますが、こちらは成木でも10cmほどで、すぐ区別が付きます。
 
「センリョウ」「マンリョウ」とも育てやすい植物です。お正月の飾り物にも適していますが、ぜひ庭木としても役立ててください。ただし、ごく小さな木ですので、サイズに合った使い方を心がけましょう・・・
 

関連のエクステリアの基礎知識を見る


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------