• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> エクステリアの基礎知識 >> 樹木のお話 >> 普及率No.1の生垣樹 カナメモチ・レッドロビン

普及率No.1の生垣樹 カナメモチ・レッドロビン

レッドロビン
今回は、住宅での普及率NO1生垣「カナメモチ」と「レッドロビン(ベニカナメモチ)」について説明します。
 
「カナメモチ」「レッドロビン」はバラ科、カナメモチ属の常緑小高木です。この名前は、モチノキに似ているために付けられましたが、こちらはモチノキ科、モチノキ属の植物で別の系統になります。
 
「カナネモチ」は本州中部より西・南の暖地の照葉樹林に自生する植物です。最大の特色は、何と行っても新芽の葉の色が赤く美しいこと。
そして、「レッドロビン」は「カナメモチ」と「オオカナメモチ」(中国、台湾などに自生)の雑種で、さらに葉の赤が鮮やかで非常に人気の高い樹木です。見分け方は、新葉の赤さがより強いこと、葉が少し大きい、葉柄に「カナメモチ」には茶色の点々があるが「レッドロビン」には無いという点です。
 
「カナメモチ」「レッドロビン」は普及率NO1と言ってよいほど、生垣に良く使われます。春先の新芽が赤く美しいことに加え、葉が密生し目隠し効果が高い、5月~6月には白く小さな花の群開も楽しめる、育てやすい・・・などの特色があるからです。
 
半日陰にもある程度耐えますが、新葉の赤色が薄くなってしまうため、出来れば陽当たりのよいところで使いたいものです。
また、枝が良く伸びるため、特に生垣に使う場合は、夏を過ぎた頃に剪定を行い樹形を保つようにしてください。
 

関連のエクステリアの基礎知識を見る


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------