• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> エクステリアの基礎知識 >> 樹木のお話 >> 洋風の庭の定番 オリーブ

洋風の庭の定番 オリーブ

オリーブ
5つ目の常緑樹のシンボルツリーには「オリーブ」を取り上げます。
 
「オリーブ」は、モクセイ科、オリーブ属の常緑高木です。ただし、高木と言ってもまっすぐ上に伸びるのではなく、かなり横にも広がります。いずれにしてもかなりの大木になります。原産地は地中海周辺といわれています。
 
「オリーブ」は他のシンボルツリーとは、少し異なる点があることも忘れないで下さい。それは、欧米を中心に、主力農産物として育て上げられてきた樹木であるということです。
日本でもかなり早く導入され、1910年頃には、香川県の小豆島で栽培に成功し、現在も同島の名物になっていることは周知の通りです。
 
古くからの栽培木(農産物)であるため、「オリーブ」の最大の特色は、改良種が極端に多いということです。日本に入ってきている物だけでも、数10種以上あるでしょう。
作物として「オリーブ」を栽培する場合は、多くの品種から求める実がなる物を選びます。ただし、シンボルツリーなどの庭木に使う場合は、入手ルートが異なるため、殆ど品種が特定できません。この点を前提としてご購入下さい。
 
また、自家受粉する品種が少なく、2本以上ないと実が付きにくい。従って、収穫も楽しみとする場合は、複数の木を植えることをお勧めします(ただし、1本で実をつける種類もあるのであしからず・・・)。
 
外見上の特色は、細く小さな葉と柔らかな感覚の樹形にあります。ただ、成長が早く、枝も良く伸びるため、庭木として植える場合は、思い切った剪定が必要になります。
 
「オリーブ」の実は絞って油をとる、ピクルスにする、その他多くの料理に使われることは既にご存知の通り。シンボルツリーから採取した実で、料理の腕を振るうのも、楽しみの1つとなるでしょう

関連のエクステリアの基礎知識を見る


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------