• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> エクステリアの基礎知識 >> 目隠しについて >> 外部からの視線が気になる部分の「目隠し」

外部からの視線が気になる部分の「目隠し」

玄関前の目隠し
今回は、玄関前、メインのガーデン、掃き出し窓前、デッキやガーデンルーム前、など特に外部からの視線が気になる部分の「目隠し」について述べます。
 
上記のような場合は、全体を塀で囲んでも良いのですが、目的の部分だけに「目隠し」を作るという方法もあります。
今回紹介の例は、その典型的なもの。パースを参照していただければ分かるように、視線が気になる部分だけを、背の高い目隠しフェンスで囲んでいます。
 
 
また、今回は敷地が狭い施工例であるため、道路・隣地との境界に目隠しを設置していますが、広い場合は敷地内の目的部分だけに設置することも良くあります。
 
このような「目隠し」に関しては、玄関・室内・デッキなど内側からの視線が集まる場所に設置することが多く、そこにフォーカルポイントとなるような演出を行えば、より素晴らしいガーデンになります。もちろん、目隠し自体がそのコーナーの演出者にもなります。
 

関連のエクステリアの基礎知識を見る


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------