• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> エクステリアの基礎知識 >> 宿根草・多年草編 >> 最近人気の"ツユクサ" 紫のカラーリーフ セクトレアセア

最近人気の"ツユクサ" 紫のカラーリーフ セクトレアセア

セクトレアセア
ポイント演出に使うグランドカバーで、今最も注目されていつのが「ツユクサ」です。と言っても、日本原産のものではなく、宿根草でより頑健な輸入種・改良種です。今回は、今最も注目されている3種を紹介します。
 
ツユクサ科の植物は、日本全土、全アジア、北米、中米、などを中心に、ほぼ全世界に分布しています。日本原産で、我々が通常「ツユクサ(露草)」と呼ん出いる植物(写真参照)は、草丈30㎝程の1年草です。ただし、グランドカバー・カラーリーフとして人気が急上昇しているものは、北米・中米産、あるいはその改良種が主体です。そして、葉の色が鮮やか、頑健、多年草・宿根草である、日本の「ツユクサ」よりやや大きめのプランツ・・・と言った共通性を持っています。
 
この項では、それらのツユクサ科の植物の中から、3種をセレクトしました。
 
「セクトレアセア」(紫御殿、パープルハート、プルプレア、などとも呼ばれている)
ツユクサ科、トラデスカンティア(ムラサキツユクサ)属の多年草。原産地はメキシコ。葉・茎とも濃い紫色で、今最も注目されているグランドカバー・カラーリーフです。花は夏咲きでピンク。小さなものですが、葉の色との調和が見事。
 
「ムラサキツユクサ」
ツユクサ科、トラデスカンティア属の宿根草。原産地は北米。葉が細く長いのが特徴で、夏に青紫色の花を咲かせます。耐寒性に特に優れています。
 
「ムラサキオモト」
ツユクサ科、ムラサキオモト属の多年草。原産地は中米・西インド諸島。オモトに似ているためこの名前が付けられました。葉幅が広く、裏面が紫・表面は緑色をしており、このコントラストが見事です。花は白ですが、葉の根元で咲きあまり目立ちません。
 

関連のエクステリアの基礎知識を見る


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------