• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> エクステリアの基礎知識 >> フロントガーデン徹底研究 >> フロントガーデンのプライベート空間

フロントガーデンのプライベート空間

住宅のガーデンには、「フロントガーデン」(メインの道路側のスペース)と「プライベートガーデン」(メインの道路に面していないスペース)があります。そして、欧米では「フロントガーデン」は半公共的空間、「プライベートガーデン」はその名の通り自分達の空間で、こちらがメインのお庭と言う考え方が主流です。

しかし、日本の場合は敷地が狭い住宅が多い、生活習慣の違いなどから、「プライベートガーデン」が主流と言う発想は希薄です。古く敷地の広い住宅では、メインの道路側に重厚な塀を作り、和風の事実上の「プライベートガーデン」が良く作られました。しかし、新しい住宅ではそのような構成も極めて稀となっています。残念な気もしますがそれが現状と言わざるを得ません。

ただ、新しい動きも出てきています。少し敷地に余裕がある場合は、「フロントガーデン」の一角をプライベートスペースとする、と言ったプランです。つまり、この項のテーマである「フロントガーデン」の中の「その他のガーデンスペース」(少し回りくどい表現ではあるが)に対する考え方が、欧米とは大きく異なると言うことです。屋外空間に対する投入予算も、欧米では「プライベートガーデン」の方が大きいのに、日本では「フロントガーデン」の方が大きいのはこのためです。

従って、「その他のガーデンスペース」のプランを作成する上で、最初に考えるべきポイントは、プライベート空間的要素が大きいかそうでないか、と言う点です。例えば、花壇や植栽スペースを作る場合でも、外部の人にも見てもらいたいという意識が強い場合は、オープン的なプランとなります。逆に、個人・家族でガーデニングを楽しむと言う意識が強い場合は、場所的には「フロントガーデン」であっても、クローズ化してプライベート保護を優先しなければなりません。

日本では、「フロントガーデン」にデッキ、テラス、ガーデンルーム、などを設置することも珍しくありません。このような場合も、殆どがプライベートスペースであり、クローズ化の工夫が必要になります。にもかかわらず、本体プランそのものに夢中になり、「目隠し」を忘れ、使い物にならないといったケースも良く有ります。

従って、「フロントガーデン」の中の「その他のガーデンスペース」に関しては、どのような使い方をするかが特に重要になります。ただし、「目隠し」が必要であっても、処理はそれほど簡単では有りません。優れたデザイン、優れた機能、ご予算、と言う課題をセットでクリアしなければならないからです。

フロントガーデンにリビングガーデン
「フロントガーデン」の一角をプライベートスペースとするプラン例

関連のエクステリアの基礎知識を見る


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------