• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> エクステリアの基礎知識 >> フロントガーデン徹底研究 >> 塀・フェンス・目隠しの役割

塀・フェンス・目隠しの役割

「塀」「フェンス」「目隠し」の役割としては、デザイン、敷地境界、プライベート保護、防犯、などを上げることができます。そして、「門廻り」との決定的違いは、必要に応じて設置する場合と設置しない場合があるということです。表現を変えると、必要部(時)のみに設置するものと言うこともできます。

昔は、住宅と言えば「塀」で囲むのが当たり前でした。しかし、オープンスタイル、セミクローズスタイル、クローズスタイルなど様々な「フロントガーデン」が作られる現状下では、目的に合わせ設置し、その中で最良のデザインや商品(材料)を選ぶと言う傾向が強くなっています。また、クローズスタイルであっても、「門廻り」同様に道路からセットバックして「塀」を設置するケースも増えています。

材質も、「塀」の場合い、ブロック、石積み、レンガ積み、コンクリート、など様々。しかも、表面の化粧仕上げを加えると、実に多種多様です。「フェンス」「目隠し」系も、アルミ、スチール、ステンレス、樹脂、木材、木樹脂、これらを組み合わせたものなど、これまた多岐に及んでいます。また、「生垣」を含め樹木と組合すことも良く有ります。

前記した「塀」「フェンス」「目隠し」の役割は全て大切なものです。ただ、「フロントガーデン」のスタイルが多様化してる現状で、特に重要度が増しているのが「目隠し」機能です。そして「目隠し」が求められる主要ケースとして、玄関周辺の「目隠し」、掃き出し窓前の「目隠し」、特定のプライベートスペース(ガーデンルーム、デッキ、等)の「目隠し」、などを上げることができます。これらの「目隠し」の共通点として、かなりの高さ(H1,600 ㎜~H2,000㎜が一般的)が求められるが、庭全体を囲う必要がない物が多い、と言う点を上げることができます。

従って、「目隠し」が主目的の場合は、軽量で加工性が良い、金属、樹脂、木製、などの方が有利です。特に、材質・施工方法に注意すれば木製の「目隠し」は、耐久性、現場対応力、デザイン、コスト、などあらゆる点での魅力がありお勧めです。例えば、玄関廻りの「目隠し」でも、門柱とその周辺の「塀」だけではなく、ポストの設置を兼ねて、ポーチ近くに別に木製スクリーンを設置すると言った方式を採用することで、機能、デザイン、コスト、全ての面で有利になることが良くあります。


玄関前の目隠し
アイアンウッドと植栽を組み合わせた玄関前の目隠し
窓の目隠しを兼ねた門周り
窓の目隠しを兼ねた門周り

関連のエクステリアの基礎知識を見る


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------