• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> エクステリアの基礎知識 >> フロントガーデン徹底研究 >> 「カーゲート」類の種類と選択法③

「カーゲート」類の種類と選択法③

「シャッター&折れ戸」タイプの「カーゲート」の最大の特徴は、クローズスタイルのフロントガーデンで、かなりの高額物件用の商品であると言うことです。1台用でもW3.5m×H2.0m以上、2台用の場合はW5.5m×H2.0m以上の重厚な枠(柱、梁)があり、その中が開閉するようになっているからです。商品自体が大掛かりで、当然高額となります。

勿論、「カーゲート」が重厚であれば、周辺の門扉、門柱、塀、その他の設置物も重厚にならざるを得ません。例えば、門扉だけをとっても、高さ1.6m以上、場合によっては同1.8m以上と言った大型商品が必要になります。ただ、デザイン(クローズスタイル用)性、機能性共に優れており、設置する価値は充分にあります。

シャッタータイプの場合はゲートを上下させ、梁の部分に巻き上げ収納します。このため高さが多少高くなります。折れ戸タイプの場合は横に引き分けるため、幅がやや広くなります。ただ、両者の特性に大きな差はなく、どちらを選ぶかはお客様に好みによると言っても良いでしょう。また、大型商品で電動比率も高くなります。電動による故障率は構造上シャッタータイプの方が低いかもしれません(ただし、正確なデータはありません)。

ただ、「シャッター&折れ戸タイプ」のゲートは、意外に現場対応力の少ない商品です。少なくとも設置部分に関しては、左右・奥行き共に傾斜が無いことが前提となるからです。従って、前面道路が傾斜しているような敷地については、設計時点で特に注意が必要になります(高額物件の場合い、GL段差が大きい傾斜地であることが多いため)。

一方、「ポール+チェーン」は最もお手軽タイプの「カーゲート」です。従って、「カースペース」の奥行きが狭く他のゲートが付かない、オープンタイプだが通行人等の侵入だけは防ぎたい、と言った場合には好都合ですが、あくまでも感覚的な仕切りであることは言うまでもありません。ただ、意外にお洒落で、「仕切りがあるだけで安心感が違う」と言った声もよく聞かれます。従って、ノンゲートとの差は思いのほか大きいのかも知れません。

この他、「ポール&チェーン」同様、感覚的なものが主ですが、バーだけが信号機にように上下したり、左右に動くような特殊なゲートもあります。また、「カースペース」用商品としては、安全用のミラー、センサー付き照明、車止め、溝蓋、段差解消用ステップ(三角コーナー)などの小物が果たす役割も意外に重要。プラン作成時のチェックをお忘れなく!

シャッターゲート
シャッターゲート
折戸式カーゲート
折戸式カーゲート
ポール&チェーン
ポール&チェーン

関連のエクステリアの基礎知識を見る


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------