• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> エクステリアの基礎知識 >> フロントガーデン徹底研究 >> 「カースペース」に必要な広さ

「カースペース」に必要な広さ

段差処理に続いて、「カースペース」の広さ、形状について検証します。まず、「カースペース」の昔から言われている基本サイズを提示しておきます。答えは、1台用=奥行き5m×3m15㎡)、2台用=奥行き5m×5m25㎡)です。そして、多くの住宅業者が現在もこの基準をベースに、住宅配置を決めています。

しかし、この基準にあえて「昔から言われている」と言う言葉を加えたのには訳があります。現在の基準・暮らしとの間にズレが出てきているからです。大都市部の30坪以下の狭小地住宅の場合は、上記基準で住宅配置することは仕方がありません。それ以外の方法が無いからです。しかし、少しでも余裕のある敷地の場合、この基準で「カースペース」を確保し住宅配置を決めると、大きな失敗に繋がることがあります。

車の大型化、生活習慣の変化、お客様の「カースペース」に対するご要望の多様化、様々な「カースペース」関連エクステリア商品の進化・・・と言った理由から、基準に変化が出てきているからです。その変化は、:基本サイズの大型化 :基本サイズから外れた「カースペース」の増加、に大別されます。

まず、:に関係する、最近良く採用される「カースペース」の基本サイズについて。多少意見の違いは有りますが、1台用=奥行き5.8m×3m17.4㎡)、2台用=奥行き5.8m×5m29㎡)と言ったところ。ちなみに、1台用の17.4㎡とは屋内に置き換えると、10畳のダイニンキッチン以上、2台用の29㎡とは同17.5畳の大型ダイニングリビングと同等のスペースと言うことになります。「カースペース」がいかに広いものか、参考のために覚えておいてください。

話を戻します。基準を大きくしたのは、古い基準では車の大型化への対応、各種ゲート類の設置が困難、と言った理由によるもの。特に古い基準の「カースペース」では、美観・防犯・安全(お子様、ペット等)などを考慮し、リフォームしゲート類を設置したくても出来ない、と言った深刻な問題の多数出てきています。

また、前面の道路が狭い、片方or左右に塀・壁などの大きな障害物がある、と言った場合は奥行きだけではなく、幅も広くする必要があります。傾斜・運転技術によっても多少基準を変える必要が有ります。縦列駐車の場合はさらに多様なチェックを行い形状・サイズを決める必要があります。

従って、「カースペース」は新しい基準+敷地・お客様の状況も加味し始めて決まると言うことになります。次項では、これに使用目的を加えた、より的確な「カースペース」のサイズ・形状について検証します。


駐車スペースのゾーニング
アプローチ兼用スペース、来客者用の縦列駐車の駐車スペースと様々な条件がある場合一般的な寸法で駐車スペースをゾーニングするのが難しい場合があります。

関連のエクステリアの基礎知識を見る


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------