• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> エクステリアの基礎知識 >> フロントガーデン徹底研究 >> 道路後退・建蔽率・地域協定・・・・・・敷地が自由に使えないルールたち。

道路後退・建蔽率・地域協定・・・・・・敷地が自由に使えないルールたち。

「フロントガーデン」工事を依頼するとき、あるいはプランを作成する時、お客様が考えた内容に即したものが出来ない場合があります。ご予算、強度的な問題、技術的な問題、と言ったことが原因となることもありますが、もっと根本的な法的問題もあるのでご注意下さい。

法的問題は複雑で、詳細説明は困難です。従って、詳しくは直接依頼先のエクステリアショップにご確認下さい。ただ、:建築物としての構造規定で設置できない(屋根のある物対象。門塀等は別の構造規定) :建蔽率の問題で設置できない(屋根のある物対象) :セットバックの必要があり設置できない :地域協定に違反し設置できない・・・と言う4項目が主なものであること程度は、この機会に知っておくと便利です。

:に関しては、建築物として認められる構造になっていない(強度不足、等)ので、10㎡以上のサイズのエクステリア商品を取り付けられない、と言うのが主なもの。ただ、かなり見解の分かれる部分でもあり、最もグレーゾーンが多い規定でもあります。従って、専門店と良く相談し、最良の解決策を見つけ出す、と言う方法を取るのが一般的です。

:に関しては一般的住宅地では敷地の60%以下しか構造物を設置できない(地域により建蔽率は変わるので注意)と言う法律によるもの。しかし、この場合もグレーゾーンが多く:同様専門店に良く相談して下さい。

:は主に道路の確保と言う目的によるもの。道路幅は最低4m以上が必要です。従って、昔はOKであっても、新たにフロントガーデン工事」を行うためには、道路の中心部から2mのところ(地域によっては3m4mも)まで門塀等を、下げなければなりません。これを「セットバック」と言います。従って、リニューアルプラン等を作成する時は、従来よりスペースが狭くなることも珍しくありません。ただし、門塀を触らない、内部だけのリニューアルの場合は無関係です。

:の地域協定に関しては条例によるもの、文字通り地域で決めた決まりなど、多岐にわたります。ただ、現実的には新興の宅地造成団地に殆ど限定されます。従って、このような地域で土地を求められ新築に伴う「フロントガーデン」作りを行う場合や、同様の地域にお住まいで「フロントガーデン」の大掛かりなリニューアル工事を行われる場合は、地域協定に関するチェックをお願いします。

なお、法的とまでは行きませんが、歩道の状況を変える必要がる場合い、電柱が邪魔になる場合い、等の様々な対応策が求められるケースもあります。いずれにしても、難しく考えるのではなく、専門店とよく相談することが、最良の解決策と言えるでしょう。
地域協定のため道路に面して緑地帯を作ったプラン例
分譲地の地域協定のため道路面に緑地帯を設けるフロントガーデンプラン

関連のエクステリアの基礎知識を見る


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------