• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> エクステリアの基礎知識 >> フロントガーデン徹底研究 >> 日本の「フロントガーデン」とは。

日本の「フロントガーデン」とは。

フロントガーデン

まず、基本的な「フロントガーデン」「プライベートガーデン」の関係を確認しておきます。「フロントガーデン」とはメインの道路と接している部分の「ガーデン」で、欧米では半公共的なスペースと考えられています。従って、地域でバラを植える約束をするなど、個人生活+αの構成が行われることも珍しくありません。

ところが、日本では前記の通り、敷地が狭い住宅が多く、「フロントガーデン」しかない場合、「プライベートガーデン」があっても狭く、ごく限られた機能しか果たせない場合いが目立ちます。従って、「フロントガーデン」に全ての機能が集約されることの方が多くなります。当然、外構・ガーデン工事に使われる予算も、この点が、 「プライベートガーデン」がメインの欧米と決定的に異なります。

日本の住宅の場合は、それだけ「フロントガーデン」が大切な存在(メイン)となると言うこと。機能的に見ても、門廻り、アプローチ、カースペース、と言った一般的なものに加え、プライベートスペースまでそこに作ることが多くなります。この点を考慮し、日本の「フロントガーデン」とはどうあるべきか? お客様それぞれのご予算、目的にあった「フロントガーデン」とはどのようなものか、と言った点について徹底的に追求していきます。

なお、一般的言葉として普及してきた「外構」「フロントガーデン」の関係についてはどう考えるべきでしょうか。これは、難しい問題ではありますが、「フロントガーデン」「外構」と定義するには少し無理があります。「外構工事」には、隣地境界工事等も含まれることが多いからです。

ただ、このシリーズではあえて「外構」ではなく「フロントガーデン」と言う言葉を使っています。それは、あくまで日本の現状に即して、建物の前面スペースの使い方を、仕切り、面としての空間、立体としての空間、として徹底検証するためです。


関連のエクステリアの基礎知識を見る


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------