• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> エクステリアの基礎知識 >> カースペースをもっと有効に使おう >> 多目的「カースペース」は都市部の住宅向き

多目的「カースペース」は都市部の住宅向き



多目的「カースペース」は、なぜ都市部の住宅向きなのでしょうか。
もちろん、都市部向きとは狭い敷地に適していると言う事です。

もう少し具体的に述べましょう。
例えば、敷地が35坪(115.5㎡)しかないとき、おそらく敷地の幅は7m程度でしょう。そして、5.5m後ろには住宅がほぼ土地の全面をおおい、建てられれているでしょう。
すると、ガーデンの使えるスペースは、事実上前面の5.5m×7m=38.5㎡しかありません。

ここに、16.5㎡のカースペースを専属にとり、その横に門柱・門扉、そしてアプローチをつけると、ガーデンとして使えるスペースは、殆ど残りません。せいぜい、2~3本木を植え、草花のプランターを並べる程度です。

つまり、趣味や遊びに使えるスペースは殆ど無いと言うことです。
ところが、前面の30~35㎡にカースペース、門廻り(入り口)、アプローチをまとめると、約半分の空間が、多目的に使えるようになります。

もちろん、車が駐車していない時は、もっと広々とした空間で「ガーデンライフ」を楽しむことが出来ます。しかも、最近はこのようなプランに適合した、お洒落な新製品も多数開発されています。
つまり、このほうがはるかに使い勝手がよく、スペースを有効活用できると言う事です。
アプローチ・植栽スペース・駐車スペースの多目的空間
アプローチ・植栽スペース・駐車スペースの多目的空間の例

関連のエクステリアの基礎知識を見る


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------