• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ

②SPF材

「SPF材」について・・・。
「SPF」とは以下の、3種の主に北米針葉樹材の略称です。
*S・・・スプルース(栂)
*P・・・パイン(松)
*F・・・ファー(樅)
そう、「SPF材」とは3種の混合材で、いずれも人口乾燥させたものです。もちろん、3種とも特性が似ており、混合使用には何の問題もありません。

実は、この「SPF材」とは、本来屋外で使用する木材ではありません。風雨に弱く腐りやすいからです。従って、プロは基本的に使用しません。
このように書くと、立腹される方もいるかと思いますが、それでも捨てがたい魅力があり、あえて取り上げました。

捨てがたい魅力とは、「安さ」「サイズの豊富さ」「手に入りやすい」の3つです。
1番目の「安さ」ですが、一部のコンクリート製品を除けば、まずこれ以上安い材料はありません。
2番目の「サイズの豊富さ」ですが、「SPF材」とは2×4(ツーバイフォー)工法住宅のための木材で、他にも極めて使い勝手の良いサイズが揃っています。2×4工法と、同材については、次回詳しく説明します。
3番目の「手に入りやすい」事については、世界中で最も多く使われている木材で、従って、どのホームセンターでも、豊富に在庫しており、手軽に買えるからです。

つまり、「SPF材」は、プロ用ではなく、DIY好きの貴方に適したエクステリア用木材と言う事です。ただし、 塗装等のメンテナンスと、腐ったらおっくうがらず手軽にその部分だけを取り替える・・・と言う意識をお忘れなく。
欠陥はあるが捨てがたいその魅力を、お分かりいただけたでしょうか。
「SPF材」は、2×4(ツーバイフォー)工法住宅用で、世界で最も良く使われている木材です。
サイズは「インチ(1インチ:19mm)」が基準になっています。つまり、2×4とは2インチ×4インチのことで、太さが38mm×76mmということになります。

実は、2×4工法は、日本語では「枠組み壁工法」と言い、柱工法と壁工法の中間的工法で、日本の在来工法(軸組工法)とはまったく異なります。

「SPF材」の長さは各種ありますが、2×4工法住宅の場合は、殆どがこのサイズの太さの木材を組み合わせ造り、日本の在来工法のように、柱、梁、桁、その他・・・といった具合に、多種の木材を使用しません。それだけに、材料選定が簡単で、合理的な工法と言えるでしょう。

ただし、例えばデッキを造る時、その床面に並べるデッキ板は、2×4サイズでは少し細すぎ貧弱に感じると言う人もいます。しかし、この点も心配は要りません。どうしても他のサイズの木材が欲しい場合は、2×6(38mm×114mm)、2×8(38mm×152mm)と言ったサイズもあるからです。

出来るだけ、2×4材の組み合わせで、エクステリア商品を作り、どうしても別のサイズが必要な場合だけ他を探すと言うのも、また2×4材の楽しみです。DIYに興味をお持ちの方は、ぜひこの木材を使い、安くて素敵なエクステリアスペースを創って見てください。



関連のエクステリアの基礎知識を見る


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------