• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ

③目的・動機・問題点

駐車場の拡張施工例
「外構」のチェック項目「2:作る目的と動機」「現状の問題点」・・・について検証していくことにします。

まず「目的と動機」についてですが、下記のような項目が主なものです。
A:家を新築し「外構工事」が必要になった。
B:外廻りが放置されたままになっていたので、綺麗にしたい。
C:ガーデニングを楽しむスペースがほしい。
D:植木や草花の管理に手を取られないようにしたい。
E:屋外スペースで、家族団らんや、趣味の時間をを楽しみたい。
F:もっと屋外を機能的に使いたい。
(物干しスペース、収納スペース、ペットスペース、水やりの合理化、ガーデン作業の軽減、バリアフリー、デッドスペースの活用、他)

G駐車スペースがもう1台分必要になった

他にも目的はあるでしょうが、以上が主なものです。もちろん、何点かが組み合わさっていることの方が多いものです。
また、面白いことは、「D:植木・草花の管理に手を取られないようにしたい」と言う要求が、意外に多いということです。机上の理屈と、現実とにギャップがあることも忘れてはなりません。

いずれにしても、単に「外構」と言っても、目的・動機は様々。単に形をお聞きするだけでは、満足度の高い「外構」を創ることは出来ません。
しかし、現状での問題点も把握しておかないと、同じ失敗を繰り返す恐れがあります。

お客様にとっての「現状の問題点」は絶対解決したい課題です。でも、もしそれが少しでも残っていれば・・・新しく何かを行う意味がまったくなくなるからです。

「外構」の場合は、問題点には、大きく2つのケースがあります。1つは、以前住んで(あるいは引越し前のお住まい)の問題点(「新築外構」の場合い)、2つ目は継続して住む場合の問題点です。
でも、解決すべき課題であることに変わりはありません。

ではどのような問題点が過去に多くあったか、列記しておきます。
A:水はけが悪く、環境に問題がある。
B:隣りや道路からの視線が気になり、プライベート保護に問題がある。
C:屋外での防犯を考えないと心配。
D:植木や草花がすぐ茂り困っている。
E:ご高齢者や、障害をお持ちの方がおられ、現状では危険を感じる。
F:屋外スペースが充分活用されていない。
G:これまで頼んだ業者の対応に問題があった。

おおよそ以上のようなものです。

他にもあるでしょうが、とにかく過去の問題点を徹底的に取り除く工夫をすることを、忘れてはなりません。


関連のエクステリアの基礎知識を見る


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------