• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> エクステリアの基礎知識 >> もっとアクティブにガーデンライフを楽しもう! >> タイル・石貼りテラスとデッキの違いについて

タイル・石貼りテラスとデッキの違いについて

「デッキ」について言及しました。続いて「デッキ」とよく似た使い方をすることが多い「テラス」について考えて見たいと思います。「テラス」とは本来「バルコニー」とほぼ同義語で、建物から張り出した位置に手を加えて作る空間のことです。タイル・石貼りなどが一般的で、「デッキ」「テラス」の一形態といえるかもしれません。

ただ、日本ではアルミ製の軒的な簡易屋根のことを「テラス」と言います。また、「バルコニー」もアルミ製の物干し台のような商品のことを指します。これは、エクステリアの大手メーカーが話し合いで決めた用語。最近アルミ製の「バルコニー」の設置率が低くなり、あまり一般用語との間に混乱を招くことはなくなりました。しかしアルミ製の「テラス」は非常に身近な商品となっています。そこで、このコーナーに関しては、一般的な張り出しスペースを「テラス」、アルミ製品を「テラス屋根」と表記します。

日本の住宅の場合は「テラス」と言えば、掃き出し窓の前に作るのが一般的です。その意味ではほぼ「デッキ」と同じ。ただ、材質的には、土間コンクリートの化粧仕上げ(コテ押さえ、モルタル塗り、等)、土間コンクリート+タイル貼り、土間コンクリート+石貼り、などが大半を占めます。同スペースを通路・物干し場など、実用本位に使う場合は土間コンだけでもOK。ただ、多目的に使う場合は、美観の問題から、タイル・石貼り仕上げを施すのが一般的です。

要するに、日本の住宅の場合は、「デッキ」「テラス」共にほぼ同じような使い方をすると言うこと。では、どのような視点で両者の選択を行えばよいのでしょうか? そこで、「デッキ」「テラス」の長所・短所を挙げ比較対照してみましょう。

「デッキ」の特性:木の暖かさがある、表面の温度差が少ない(夏あまり熱くならず、冬あまり冷たくならない。ただし「木樹脂」は例外)、掃除がややしにくい、経年変化がある、木の風合いが強いものは塗装などのメンテナンスも、材質によっては耐久性に問題・・・など。

「テラス」の特性:無機質な感覚、表面温度差が大きい、掃除が非常にしやすい、経年変化が少ない、ほぼノーメンテナンス、耐久性にすぐれている・・・など。

従って、シャープで無機質な感覚を好む方、バーベキューやガーデニングで非常に汚れやすい使い方をする場合、等は「テラス」がお勧めと言うことになります。なお、砂岩・凝灰岩貼り(大谷石、等)、自然調レンガ、等を使えば温かみが出るといった意見もあるかもしれませんが、 「テラス」向きとは言えずお勧めできません。


タイル張テラス
タイル張テラス。無機質な感覚、表面温度差が大きい、掃除が非常にしやすい、経年変化が少ない、ほぼノーメンテナンス、耐久性にすぐれている・・・などの特性を持ちます。

関連のエクステリアの基礎知識を見る


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------