• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> ブログ

ブログ

2016年4月30日

テーマ:その他

店長の藤田です。

ゴールデンウイーク前半なのですね。

そういえばこの間NHKでは"ゴールデンウイーク"という単語を番組では使わない、なぜならゴールデンウイークとは、昔映画の興行会社さんが、集客のために作った言葉だそう。ニュース等では必ず大型連休と言うそうです。

今月はたくさんのお客様とお話をさせて頂き、いろんな種類のお問合せ、ご契約、工事をさせて頂いた月となりました。
本当にありがとうございます。

そんな中、なんとも興味深いイメージパースを描くことになりました。

母体会社"港製器工業"のスーパーフェンス広告用のモデルプランなんですが。

スーパーフェンスについてはこちらをご覧ください
スーパーフェンスの庭
盛りました。


普段CADでプランを描くとき、お引渡しのときの状態の植栽のパースを描くことが多くここまで植物を"盛る"ことを余りしないのですが。

実際自宅でも花を咲かせていたミニバラの苗を偶然にも冬に購入しまして、エリカやイペリス、プミラあたりと寄せ植えにしたのですが、一旦ミニバラは花を終えて、エリカ、イペリスあたりが花を咲かせて。

暖かくなってきた頃、ミニバラが「もうこれミニじゃなくなるんじゃないの???」というくらいの勢いでいきなり生長をし、蕾で満載に今現在なっています。
エリカはどこへ行ったんだ。。。

パンジー、ビオラ、バコバのハンギングも恐らく時期的に最後の勢いの咲き乱れ。

そして、プランターに寄せ植えしていたヒューケラと斑入のヤブコウジにセダムとチェリーセージはどんどん背を伸ばして。

現場調査やお打合せで町中を歩いていると、モッコウバラがもりもり。
道路際に植えられているカロライナジャスミンの匂いに窓を開けて運転していると気付かされたり。

湿度がまだ低くて適度に暖かい今は本当に、植物に最高の季節。
こんな盛り方ではたりないくらいの生長を今している季節なのですねえ。

そういえば冬枯れしていたお店の野生種アサガオも再び蔓を伸ばし始めています。

そんな植物や石材は常に変化しているもので、まあ背景になるフェンスなんかはやっぱり天然木でしょ!!
という趣旨の広告用パースです。

今日もウッドデッキの現場調査に伺って、ウリン材のウッドデッキのお見積もりをしていました。
いや正直なところ、時代は変わりました。

為替等の兼ね合いもあるんですが、以前よりはハードウッドって、値段が上がっているんです。

でも最近よく言われるのが、

「木の方がもっと高いと思っていた!!!」

昔は、デッキだと樹脂木≧ハードウッドというコスト感覚だった気がするのですが、自然素材のお客様が思っておられる付加価値って今すごいんだなあと改めて思いました。

値段は樹脂木と比べてそんなに高いものではないですし、ちょっと変わった形状のデッキなら樹脂木でやるより簡単に(職人様3人ほどに蹴られる発言)いろいろできるというのも天然木ならでは。樹脂木は中が空洞なので、どうしてもいろいろとキャップ類が必要になるので。

あと目隠しの場合コスト的には木目調のアルミ材が一番高いんですって説明すると結構びっくりされたりするんです。

そうなのかあ。。。

さて、今日で4月は最後、明日から5月。

GW明けから始まるお庭の工事が、いろんな職人さんが入り乱れる感じになるので、お店に集まって工程会議をすることになっています。


"いろいろ"では片付けられない事が日本で起きた4月。

目一杯のプランと職人チーム共々一生懸命の現場で今できる当たり前を一生懸命やろう、と改めて思いました。

GW明けからも、ライフアップと職人さん一同をよろしくお願い申し上げます。






2016年4月25日

テーマ:グランドカバープランツいろいろ

グランドカバープランツいろいろ、その4は"グレコマ"。比較的ホームセンター等でも手に入りやすいグランドカバープランツ。
ところで、垣通しってなんのことでしょう。
グレコマ
"垣通し"とは「垣根を通りぬける」、つまり生垣なんかを通り抜けて伸びていくという意味。

生育力旺盛なグランドカバープランツのためそのような名前が付いているそうです。
グレコマ2
斑入りで常緑。暑さ寒さにも強い。

斑入りの葉のグランドカバーというのはどちらかというと西日に弱いものが多い印象なのですが、グレコマは少し違うようです。
ただ葉っぱが比較的大きくやわらかめのため、人が歩くアプローチ等の目地には使えますが駐車スペースの特にタイヤが踏む部分の目地等にはおすすめしていません。

こういった斑入の葉っぱや葉の色が赤やオレンジの植物をよく「カラーリーフプランツ」と読んでいますが、四季を通じて彩りを演出してくれるので、カラーリーフプランツは本当に重宝します。

今の季節、紫の花を付けているものもあります。

今日のグランドカバープランツは"グレコマ"でした。

2016年4月24日

テーマ:グランドカバープランツいろいろ

最近すごくプランに採用することが増えているのが、このタイムロンギカウリスです。

タイムというからには、ハーブ類で有名な"タイム"の匍匐性。適度に芳香があります。
春になると明るい紫色の小花を咲かせます。

比較的踏圧にも強く、さすがに日常的にタイヤが載るような箇所はどうかと思うのですが、アプローチ等の目地程度であれば、植えるのには全く問題がありません。


例えば

タイムロンギカウリス
こんなところに植えてみたり。


ちなみにこれがひと夏経つと。。。
タイムロンギカウリス2
こんな感じに。

邪魔に感じる部分はビシバシカットしてください。
タイムロンギカウリス
こんな石張の階段の隙間に植えてみたり。


タイムロンギカウリス3
空いた土面に植えると、春になるとこんな景色が広がります。


グランドカバープランツの中でも常緑・踏圧に比較的強い、花を咲かせる、香りがいいとかなり優秀選手なグランドカバープランツ。

タイムロンギカウリス、オススメです。

2016年4月23日

テーマ:グランドカバープランツいろいろ

店長の藤田です。

スタッフブログに新しいカテゴリを作ってみました。

"グランドカバープランツいろいろ"

土面を這うように増えていく常緑・宿根の植物を総称してグランドカバープランツ(地被植物)と呼びます。
砂利の目地とヒメイワダレソウの目地
こんな風に駐車スペースの目地に使ったり、
寄せ植えの脇役
寄せ植えの脇役に使ったり。。。(ベランダに写りこむ洗濯物は気にしないでください。。。)
アプローチ
アプローチに自然石とアレンジしたり。。。

と、何かと使い勝手の良いグランドカバープランツ。


ひと昔前だと選択肢は、タマリュウ(リュウノヒゲ)と芝生と提案されるとき2択だったグランドカバープランツもここにきてものすごい種類のものが。。。


ということで、今回は"ワイルドストロベリー"です。
ワイルドストロベリー
ワイルドストロベリー。

というと大げさなのですが、野いちごです。
僕がこのお仕事をはじめて、最初にプランに取り入れたグランドカバープランツがこれでした。

野いちごなので花も咲きますし、いちごなので実もなります。小さいですが食べられます。

常緑性で1年中葉をつけていたりその葉が結構よかったりします。

あまり踏んだりするとよくないので駐車場の目地にはオススメしませんが
ロックガーデンの脇役にワイルドストロベリー
こんなざっくりとした印象のロックガーデン的なところに植えるととても雰囲気がでます。

ワイルドストロベリーは聞くところによると、皆さんが普段食卓で食べているイチゴのルーツ「オランダイチゴ」が入ってくるまではこちらが主流だったそうです。


特徴としては日当たりのいいところを好み、湿気を嫌います。
乾いたときに水をたっぷり。ちょうどラベンダーやタイム等いわゆる「ハーブ類」と呼ばれる植物と好む環境が似ています。

でも、普通のイチゴよりもっと手軽に扱えるのがワイルドストロベリーのワイルドたるところ。

茎の付け根から横に這うように増えていくので、土面を仕切って、いちどチャレンジしていただきたいグランドカバーの1つです。



2016年4月11日

テーマ:エクステリア(外構)について

店長の藤田です。

エクステリアガーデンショップにとって春は繁忙期。
ガーデニングのシーズンでもありガーデンリフォームと1月頃に新築を検討されだした方が新築外構についても検討を開始され、新築外構・
エクステリアガーデンリフォームともにプランやお見積もりのご依頼が増えてくる時期です。また3月建物引渡しの新築外構工事の完工物件も
出てくる時期ですので、現場も比較的動く時期。

当店でもこの土日は新築外構の新規のお打合せが2件、まもなくお引渡しの新築外構の現場の確認、門周りリフォームの現場調査とお見積もりが1件、
ガーデンリフォームのお客様の色打合せとお店や高槻市内~西は豊中市内までというニッチなエリアを右往左往移動しております。



スーパーフェンスライト
さて、今回は「目隠しフェンス」とご近隣トラブルについて少し書かせていただこうと思います。

北大阪エリアというとそこまで距離は長くないものの、目隠しフェンスを設置したいという方が新築・リフォームともに結構いらっしゃいます。
理由は超過密住宅密集エリアである大阪市内はともかく、建物から隣地境界線まで1m~2mという広すぎず狭すぎない距離があるスペースがあったりして、
部屋から掃き出し窓方向を見てみると、外の地面から床の高さが50~60cm程度あることもあり、意外とお隣の窓や勝手口が視線に入ってくるからです。

そんなこんなで昨今ウッドフェンスやアルミ製、樹脂製など、様々な目隠しフェンスを取り付ける場合が増えました。しかし同時に、これが引き金になり、
お隣との関係が悪化したという事例も同時によく聞くようになりました。
少し検索しただけでも、yahoo知恵袋等で溢れんばかりに事例がでてきます。なぜトラブルになるのか、法的根拠は?いやずっと一緒にいるお隣さんだからこそ、
それは避けたい。目隠しフェンスについて一度検討してみます。


実はこの"理由"とんでもない背景があることが多いんです。
ライフアップの場合、目隠しフェンスを設置するとき、ご契約の前後お客様と話をして必要であればお隣の方に何かしらの説明をする機会を作るようにはしているのですが、
その際、じっくり話し込んでみるととんでもなくお客様にとって想定外のお話が出てくることが多いのです。
特に比較的昔からある造成地・分譲地の中古物件をご購入→建て替えというパターンや、古い造成地・分譲地の既に解体され区画整備されている土地をご購入されて
家を建てて、目隠しフェンスを立ててみたらとんでもないことにということが多いよう。





①前は平屋だった問題


意外と古い住宅地には多かった平屋。
特に二階建ての家を建てても法規的には問題はないことの方がほとんど。さて、そんな中古物件をご購入。新築計画をたてご近隣の方にご挨拶にも当然回られることでしょう。
頭では理解されいているのです。「そりゃいまどき平屋はないわな」。
それに古い分譲地は若い方が駅からの距離などもあり敬遠されることも多く、若い方が新しく町に引っ越してきてくれることはむしろ喜んでくれている場合も多い。
でも、いざ足場がたち、数日で上棟が終わる昨今、その圧迫感たるや、いざ実際に目の前にすると、感情が少しマイナスに振れてしまうこともある。ということなんです。


②前は建物がもっと遠かった問題


北大阪の古い造成地の場合元々は60~90坪程度で区画されていることが多く、土地の価格が坪60~70万の場合、土地建物を合わせると6000万~9000万となりとてもじゃないですが
手の出るものではなくなってしまうというお話を前に書かせていただきました。
そこで、あらかじめ不動産屋さんなどが、解体をし土地を2つ3つに割って販売をされる場合も多くあります。
さて、ここででてくるのが、当然元々広い土地に家が建っていたときと、土地を割って家を立てる場合、新しく建つ家が前よりお隣さんの家に接近して建ってしまうことはよくある
ケースではないでしょうか。
これもまた、頭では理解しておられる。でも、実際棟があがると、やっぱり何かマイナスの感情を抱いてしまう。

さて、こんな①②のケース。

自分たちとしては、深い近所づきあいはともかくそんな険悪になるつもりは毛頭ないしそうもなりたくないというのが本音だと思います。
ですが、悪気があって目隠しフェンスを立てているつもりはなくても、少しマイナスの方向に感情が振れてしまっていて、そこに建築工事が重なってくる。
大きなダンプカーや建築の最後になれば追い込みもかかるのでいろんな職人さんも現場に入ってきます。職人さんの車も溢れんばかり。
マイナスがもっとマイナスに。

そして、外構工事。
どーん!!!!と目隠しフェンス2m。

ようは、お客様にとって全く分からないところで火のついてしまった所にとどめを刺してしまう事になるからこその、トラブルであることも多いようなんです。

だからこそ、目隠しフェンスの設置自体はお互い視線を隠すことができるので悪いことではないのですが、設置すると決めればお隣さんにきちんと説明してface to faceで話を
してみることが最良ではないかと思います。話のわかるエクステリア設計者であれば、きちんと事情を話すれば上手く仲介役として立ち回れることもできるはず。

日照が・・・防犯が・・・・と表向きの理由もあるのですが、「いきなり立てる」のではなく「話をする」ことに意味があるように思います。

ご新居での快適な生活。
特に見知らぬ土地での生活をされる方も多いでしょう。古くからのお隣さんは、子育てやその他諸々いざいというとき上手く関係が創れればすごく頼りになる存在になってくれることも
多いです。

目隠しフェンストラブルに垣間見る背景についてのブログでした。


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------