• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> ブログ >> エクステリア(外構)について

エクステリア(外構)について

2016年3月18日

テーマ:エクステリア(外構)について

シルバープリペットの生垣
△生垣は時折強制されたり、優遇されたりします。。。


店長の藤田です。

前回サチさんが枚方市・高槻市・茨木市のリフォームに関する助成金についてのブログを書いてくれましたが、今回は調べたところ茨木市限定ではあるのですが、「生垣緑化」に対する補助金制度があるのをご存知でしょうか。

条件としては

①生垣の総延長が2メートル以上、苗木の高さがおおむね1メートル以上、かつ植栽本数が延長1メートルあたり2本以上であること。
②幅員が2メートル以上の道路(一般交通の用に供していること)に必ず面していること。

つまり、道路に面しているスペースに約2m生垣を作れば助成金が下りるのです(但し茨木市のみ)。

補助対象としては
①新たに生垣を設置する場合。(旧来の生垣の作り替えは対象外。ただし下記3に掲げる場合は除く)
→つまり新築外構でもOK!!

②既設のブロック塀等を撤去して、当該部分に生垣を設置する場合。(撤去費用も対象)
→ブロック塀を生垣に変えればなんとブロックの撤去費用も一部助成してもらえる

③道路敷にはみ出し通行を阻害している生垣を改良する場合。(撤去費用は対象外)
→数十年前に「カイヅカイブキ」で生垣を作ってとんでもないことになっている方、必見!!!

注意事項として
必ず着工前に申請すること。(施工中及び施工後の申請は受け付けられません。)
計画段階できちんと申請しましょうということです。


②補助申請のあった年度中に、必ず工事を完了すること

③事業は予算の範囲内での執行です。

とあります。


さて、具体的にいくらぐらいの補助が出るのでしょう。助成額計算方法は以下のとおりです。

生垣を施工する場合は、次に掲げる額のうちのいずれか少ない額とします、とあります。
  1. ア 生垣の設置に要する費用に2分の1を乗じて得た額
    イ 次に掲げる額のうちのいずれか少ない額
     (ア) 設置する生垣の延長1メートル当たり5,000円で算出した額
     (イ) 50,000円
  2. 既設のブロック塀等を撤去して当該部分に生垣を施工する場合は、1の額に次に掲げる額のうちのいずれか少ない額を加えた額とします。
    ア 撤去に要する費用に2分の1を乗じて得た額
    イ 次に掲げる額のうちのいずれか少ない額
     (ア) 撤去する既設のブロック塀等の延長1メートル当たり2,500円で算出した額
     (イ) 25,000円
  3. 1,2に定める額の算定において1,000円未満の端数がある場合には、それぞれ切り捨てます。

実際のところ、生垣の植付費用でMAX5万円まで、ブロックの解体費用はMAX25000円までが助成されるということです。

後のメンテナンスは大変・・・でも2mくらいなら、特に分譲地等ご購入の方で接道部が2面ある角地なんかで新築外構を検討されている方にとってはちょっとお得な制度ではないだろうかと思ったりします(但し茨木市のみ・・・)。


ところで、大型分譲地なんかでは、「接道部は生垣又は透過性の高いフェンスを設置しなさい」と地域協定があったり、こうやって助成金制度があったり。

なんでそこまで、生垣なんでしょうか!!


①景観

街並みを作るうえで、景観創りというのはやはり考慮に入れられる部分。外構計画においてもやはり、植栽があるのとないのとでは外観のイメージが大きく違います。助成したり強制したりするのは、道路に面している部分をブロック塀等の工業製品ではなく樹木で仕切って街並み景観を維持してくださいという趣旨。

確かに、10~20年たった大手の住宅メーカーさんなどが手がけられた大型分譲地は歩いてみると景色がいいです。


②背丈を自由に変えられる目隠しである

植えた当初は高さも低く、葉の密度も低いので何が目隠しだ!!!!という話になるのですが、生垣に使われる木は通常葉の勢いが強く密度の高い樹種を選ぶことが多いです。なので、比較的早い段階で葉の密度は多く、一定の高さにもなりやすいです。そのためある程度高さを制御できる目隠しになります。


③実は安い!

プラン時に思うのですが、工作物(木材、石材、ブロック、アルミ等)で仕切りを作るより、コストが安いです(樹種によりますが)。


デメリットとしては
①時に枯れる
②虫も時には付く
③剪定もいる

近年植えられている「シンボルツリー」として採用されている株立ちの樹木たちは比較的メンテの少ない樹種に絞られていっている傾向があります。

生垣の木はそもそも葉の密度が高く、刈り込みに強いものでないといけないため裏を返せば「きれいを保つためにはメンテがいる」ということです。

まあ2m程度なら。。。。。とも思うのですが。

そんな茨木市限定の地域情報でした。



2016年3月17日

テーマ:エクステリア(外構)について

店長の藤田です。

当店ライフアップの母体会社「港製器工業」 は、アルミや鉄等の様々な製作金物を作る会社です。

そんな港製器工業が開発して、現在販売をしているのが「スーパーフェンスシリーズ」。

ブロック施工用の「ライト」については、こちらに商品情報の掲載があります。

ところで、なぜ「シリーズ」なのかというと、ブロック施工用ではない基礎施工タイプの高尺用の部材として"α"という商品があります。

当店ではよくウリン材、マニルカラ材、レッドウッド材という海外産の木材をプランに多く採用しています。
これは、土の中に埋めたりデッキとして利用したりしても腐食する心配がほぼなく、工業製品とはことなり、
「経年劣化」ではなく「経年変化」を楽しめる材料で、なおかつコスト的にもお得感のあるものだから、です。

ウリン・マニルカラ材については半端材として廃棄される短尺材をできる限り利用したプランを作り生産管理等がしっかりしている
輸入元より調達することなどで、常に環境も意識した材料を採用しています。
またレッドウッド材に関しては、栽培木材であり、こちらもまた環境を意識した木材です。
エクステリアにおける木材利用はまた、「将来の解体廃棄」に関してもなんら問題のないという特色もあり、そして防腐剤不使用という観点から見ても、ecoという観点から見ても非常に理にかなっていると考えています。


しかしながら、その一方で、「国内」の木材に目を向けていきたいという意識は常に持っています。
なぜならば、国内の木材を利用する頻度は建築においてどんどん減っており、林業の衰退、杉・ヒノキが植えられた日本の山林は
荒れ放題。そんな現実に直面しているからです。

しかしながら、日本のエクステリアが面している環境は苛酷です。
高湿度の夏、肥沃な土と残念ながら杉・桧がそのままの状態で土に埋められたりウッドデッキに使用されたりという状況には耐えられないのが実情です。


そんな事情から、やはり、輸入材に材料を頼らなければならない、という現実があります。


今回、そんな中で、こんな現場の写真が、遠く島根から届きました。


スーパーフェンスα
島根県で生産される木材を使用し、柱や笠木等は母体会社「港製器工業」のスーパーフェンスの材料を使用したウッドフェンス施工事例。
木材を斜め形状に製材することで、目隠し度は100%、風は通すことができる、柱はアルミ製なので腐食の心配がないと、色々な意味で「理にかなった」現場写真だと思います。

実際、ライフアップがこの材料を提供するとなると、やはり、島根の地場で製材している木材ということもあり、非常に高額なものになってしまいます。

ですが、製材量などの問題が解決されれば少しずつでもこういう木材をもっと有効に利用していければと感じています。


2016年2月18日

テーマ:エクステリア(外構)について

店長の藤田です。

先日、たまには現場でも見に行きませんか、ということで先日完工した現場に夕方店舗スタッフのさちさんと現場へ行ってみました。
さちさんは、時折こちらのブログにも登場するのですが、まさに土地付きで新築一戸建てを9年前に購入したライフアップにお問合せいただく、多くの「新築外構」検討中のお客様と同じ経験をされてきた方です。

こちらの現場、敷地形状を生かすために背の高いウッドデッキ"ハイデッキ"、ちょっと変わったタイルを使った門柱、できる限りスペースを生かして作ったグリーンスペース、カーポート、サイクルポートなどなど。
このエリアの一般的な戸建住宅敷地面積としてはほぼほぼスペック的には「フルスペック」の状態になった現場なのですが(無駄なものはないのですよ)、これいいですねえ!!!!!と言ったのが、

そう、勝手口周りなんです。


そういえば、先日ご来店頂きプランのご提案させていただいたお客様も駐車場との兼ね合いもあり勝手口を「諦めた」とおっしゃっておられました。

このお仕事を始めた当初はユーザーのお客様とお話することが少なく、エクステリア設計というとフロント、庭の二つに全精力を傾けがちでした。

しかし、ゴミ出し、洗濯物を干す・・・・など、実際の家事の一連の流れにおいて、「勝手口」というものがいかに大事なものか。
集合住宅生活の僕でも最近はすごく「うんうん」と納得させられることが多い気がします。

さて、そのさちさんが当店に入社当初、一番「これいいですね!!!!!!」とおっしゃったのは


魅惑の勝手口周り
この施工写真でした。

こちらの物件は、少し敷地が広めのお客様だったので、かなりの広さの空間を実現できた勝手口周り。

建築工事と一緒に設置される勝手口周りのステップというと1番上が奥行90cmくらい幅1.2mもあればかなり広め。
でもこれってなんの根拠もない寸法。

「なあんとなく」そうなっている。ことが多いんです。

目隠しがあるので物干し。
立ち上げたテラス土間が広いので、料理をした後の生ゴミを夜に外のポリバケツに捨てるとき階段を降りなくてもいい。

これだけのスペースがあるとかなりの有効利用ができます。

でも、実際ここまでのスペースを取ることって難しい。
それでもさちさんが「これいい!!!」と現場で言っていたのはこういうことなんです。
魅惑の勝手口周り
こういう敷地条件の方、いらっしゃらないでしょうか。

勝手口の扉、スペースの有効活用のため引戸にされています。
そして、比較的視線が来る方向には安価でもいいので目隠しを。
一番上のステップの幅をできる限り長く。

こうして、あまり外に見せたくない「ゴミ箱」「ポリバケツ」を隠すことができる。しかもゴミの日までゴミ捨てのために階段を降りる必要はない。

あと、こちらの現場の場合はこうする以外方法はないのですが、

ゴミ集積場から勝手口までの導線により階段の取り方を検討する必要があるということ。

その地域のゴミ集積場への最短ルートを家事導線として組み込んで勝手口の階段1つの取り方も検討した方が良いに決まっている。

何も言わなければ、建築工事の際「なあんとなく」の寸法で「なあんとなく」の方向に「なあんとなく」設置される勝手口のステップですが、「外空間」を早い段階で検討すればこの「なあんとなく」がちょっと便利なスペースとして作ることができる。

そんなちょっとしたことも新築の際外構を建築のご契約前に検討されるメリットのような気がします。



2016年2月14日

テーマ:イベント

優秀賞受賞
日本各地のエクステリアガーデンショップが加盟しているegg(エクステリアガーデングループ)で2015年度も作品コンクールが開催され、作品部門優秀賞/プレゼン部門最優秀賞・優秀プレゼン賞2作品受賞しました。


詳細はeggポータルサイト「庭語りどっとこむ」のこちらをご覧ください。

2016年2月6日

テーマ:エクステリア(外構)について

樹脂舗装
店長の藤田です。

約10年~15年前に新築された方で同じような写真にこれこれ!!!という方、多いのではないでしょうか。
樹脂舗装・樹脂系洗い出しと呼ばれた舗装。

ちょうどそれくらいの時期が最も使用されていた時期と記憶しています。

ですが、もともと樹脂系のボンドに砂利を混ぜて、舗装を行うため、砂利同士や下地のコンクリートと樹脂系ボンドが接着しているので様々な要因で樹脂が劣化してこのような現象がおきています。

要因としては
①樹脂そのものの耐久年数を超えた
  樹脂系商品は10年程度の年数を目安に何かしらの問題がおきることが多いです。逆に言えば元々10年程度の耐久性を前提に作られ
 ている商品もあったのかもしれません。樹脂の経年劣化の可能性が考えられます。そこに車の切り返し等が常に行われれば劣化ス 
 ピードが上がっている可能性もあります。

②紫外線
 もっと早く剥れたという方の場合ですと紫外線による樹脂の劣化の可能性もあるようです。

③後付カーポートの樋から流れる水による劣化
 これは実際に経験したのですが、カーポート屋根を駐車場の舗装の後に後付して樋を道路まで伸ばす等何かしらの処置をしていない場
 合この樋から流れる雨水の通る道通りに劣化して剥れている場合も多いです。


ということでよく見かける樹脂舗装劣化。

樹脂舗装は、下地コンクリートの上に厚み10mm程度で施工されている場合が多いです(商品により異なる場合もあります)。
上からモルタルも塗っても厚みは10mm。間違いなくひびが入ります。
タイルを張るには接着用に厚み30mmは必要。石張となるともっと。つまり下地コンクリートをはつる必要が出てきます。
ステンシルやスプレーコンクリートと呼ばれるいわゆる石張の柄にするリフォーム系塗料の場合は逆に10mmというのは厚みがありすぎて無理があります。


そこでオススメしたいのが、
マチヤセレクト
machiyaセレクト。

普通の洗い出しの場合、厚み20~30mm程度必要になるのですが、こちらは施工の標準とされる厚みがちょうど10mm。偶然にも樹脂系舗装とほぼ同じ厚みなのです。

あと、通常の洗い出しは読んで字のごとく、モルタルに砂利をまぜたものを下地コンクリートの上に塗って、水や時には薬剤と使用して洗って表面に砂利面を出すのですが、これは表面をスポンジでふき取るため、通常の洗い出しより排水が少ないので、リフォーム工事でもご近隣に、余りご迷惑をかけなくて済みます。


そしてなにより名前こそmachiyaなる和風名名前が付いているので和風と誤解されるのですが、
マチヤセレクト
マチヤセレクト
安心してください。


これだけ色があれば洋風だろうが和風だろうがモダンだろうが中華だろうがイタリアンだろうがなにかしらはイメージは合います。


恐らく駐車スペースすべてを樹脂舗装で仕上げているというのは稀。

1台用駐車スペース幅約3m 道路から1.2m程度の舗装の場合、ざっと約4㎡。

既存舗装撤去処分 35,000円
machiyaセレクト 4㎡施工費込 70,000円
諸経費       5,300円
-----------------------------------------------------------------
税込で約12万円程度のリフォーム工事です。
数量により異なりますが、標準的な1台用駐車場の場合大体この程度でしょう。


分割払いの場合


分割払い
このような形になります。

リフォームローンは10万円以上の工事から取り扱い可能ですので、こういった営繕的な工事にも利用可能です。

樹脂舗装、樹脂系洗い出しの剥れにはマチヤセレクト!


ぜひご検討ください。

  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------