• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> ブログ >> エクステリア(外構)について >> 梅雨から夏を意識したエクステリアをご紹介 その2 日差し対策編
2014年6月15日

梅雨から夏を意識したエクステリアをご紹介 その2 日差し対策編

テーマ:エクステリア(外構)について

店長の藤田です。
昨日は茨木市の新築外構と高槻市のガーデンリフォームのご契約を1件ずつ頂きました。ありがとうございます。
これからご契約以降の段取りへのはいらせていただきます。今後とも宜しくお願い申し上げます。

さて、前回のブログの続きです。

夏の天敵といえば・・・、雨もありますが、日差し!!!
南向きの素敵なお庭に開放的な掃き出し窓・・・・憧れるガーデン生活と思ったら、夏暑かった・・・・。


さて、張り切ってまいりましょう。
オーニング
まずは日よけといえばオーニング。
カフェなんかについているくるくると棒でまいて出したりしまったりするやつ、あれです。
夏場は室外にオーニングを設置するだけで、ブラインドやカーテンの約10倍の日よけ効果を発揮します。
冬場はオーニングを巻き上げれば自然光を取り入れることができ、室内の明るさ・温度を自由自在に調節できます。
自立型オーニング
しかし、オーニングを取り付けるにしても、建物が在来工法(木造住宅)ではなく、ツーバイフォーや軽量鉄骨造の場合、事前に下地をいれておけばいいのですが、そうでない場合強度に不安があります。
またテラスと同じく、こちらも建物に穴をあけることになるので、保障問題が・・・・ということで、テラス屋根と同じで自立型があります。
シェード
でも日除けにそんなにお金をかけたくないわ・・・。
そんな方にオススメなのがこんな方法です。

建物に金物を付けてホームセンターなんかで購入できる安価なシェード布をこうやって付ける方法。

もし都合よく窓の向かいにネットフェンス等がなければ、アイアンウッドやアルミ材を立てて、そこに金物をつけておけば問題なしです。

カーポート
続きましてカーポートです。
カーポートの屋根材は、最近のものはほぼポリカーボネイトです。
そのため、紫外線は100%カットします。

しかし、問題は熱量の原因となる赤外線。
屋根材
熱線遮断ポリカーボネイトは、いろいろ数値的なこともありますが、実際現場でカーポート施工後、その下にいるとかなり涼しい。

これ、実は現場で経験した実体験なのです。


同じ付けるのであれば、少しでも涼しさ確保ができる方が、いいですよね。


ちなみにですが、テラス屋根にも熱線遮断ポリカーボネイトを付けることは可能です。
しかし、個人的にはあまりおすすめしません。なぜかというと、夏が涼しいということは。。。。。。冬は。。。。。。


では最後に、オーニングを施工した現場実例です。
オーニング施工実例
布地の種類がすごくたくさんあるので、こんな感じで建物外観もおしゃれに飾ることもできるのです。

この施工事例はこちらのページをご覧ください。


夏に向けたエクステリアのご紹介でした。

関連のブログを見る


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------