• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> ブログ >> エクステリア(外構)について >> アスファルトなクリスマス 道路後退工事でした。
2014年12月25日

アスファルトなクリスマス 道路後退工事でした。

テーマ:エクステリア(外構)について

店長の藤田です。

先日大阪市内で道路後退工事の施工を行いました。

道路後退とは。。。

2項道路は「42条2項道路」とも呼ばれる。都市計画区域および準都市計画区域内にある、幅員4メートル未満の道のうち、特定行政庁の指定したものを建築基準法上の道路とみなす処置がとられる。

建築基準法では、(原則)建物の敷地は幅員4メートル以上の道路に接している必要があり、その要件を満たさないと建築は認められない(接道義務)。しかし、古くからある既成市街地では4メートル未満の道が多いため、沿道の建物がほとんど既存不適格となり、建替え不可(建築確認が下りない)となってしまう。2項道路は、(原則)道路の中心線から水平距離2メートル後退(セットバック)した線を道路の境界線とみなすことによって、建替えを認めることにした緩和規定である。

2項道路に面した敷地に建築を行う場合は、原則としてその中心線から2メートル後退しなければならない。。。


ということで、つまり道幅が4m以下の道路に関しては4mになるように敷地の一部を道路のようにしなくちゃいけないということなのです。

で、今回の現場は大阪市。
大阪市の場合、道路に面するU字溝は敷地内に設置~とか、
後退部分は面している部分と同じ断面のアスファルト~とか、
規定が諸々ございまして、アスファルト工事をしていたのです。

これも市によって市によって指定がまちまちで、別にコンクリートでもいいし~ってとこもあります。
別に不便がなければU字溝とかつけんでもいいよ~というところもあります。

ほんとにいろいろです。

さて、ということで、アスファルトなクリスマス。

道路後退工事
道路後退工事
通常、道路後退工事っていうと、そんなに距離のあるものでもないんですが。。。。。。。
今回、広い敷地の2面ということで、とんでもなく広い面積の道路後退工事となりました。

さて、こちらの外構本体工事は1月からとなります。


大きなウッドデッキ
こちらのご物件にはこんな広々としたウッドデッキを施工します。

完成が楽しみです。


関連のブログを見る


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------