• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> ブログ >> エクステリア(外構)について >> カースペースのゾーニングについて
2013年3月25日

カースペースのゾーニングについて

テーマ:エクステリア(外構)について


「カースペース」について考えます。そして、プランの前提となるのが、A:「カ
ースペース」は道路GL(グランドライン)とほぼ同じ高さに造る B:予想以上に大きなス
ペースを必要とする C:生活パターンの変化で「カースペース」プランが大きく変わっ
・・・と言う3つの特性です。


まず、Aの問題。当たり前ですが、車は階段を登ったりしません。また、極端
な傾斜地に止めることは不便であり危険です。従って、「カースペース」は道
路とほぼ同じ高さに造ります。でも、この常識がプラン作成の腕の見せ所の1
ともなります。


道路条件に問題がなければ、道路GLと宅地GL段差の少ない場所に造っ方がコ
ストと面で有利(土工事、土留め工事等の経費節減に繋がる)であるからです。また、
段差が大きい場合は、階段等で玄関までどう連携するかも、段差処理の大きなポイン
トになるからです。


より大切な項目が、Bの「カースペース」の広さの決定方法です。ここで、カ
ースペースの広さの基準を確認しておきます。まず、ごく一般的な基準か
ら。1台駐車用=幅3m×奥行き5m2台駐車用=幅5m×奥行き5m。ただし、敷地に
少しでも余裕があれば、最近はもう少し奥行きを長くするのが常識。車の大型化、
ゲートの設置(後日リフォームしてゲートをつける場合もある)、出し入れの利便
性、などを考慮しての変化です。


具体的には、奥行きを5.8m程度にしたほうが良いということ。そして、奥行
5.8mを基準に考えると、1台用で5.8m×3m17.4㎡(約5.3坪)、2台用
5.8m×5m29㎡(約8.8坪)の広さが必要となります。ちなみに、部屋の大きさに換
算すると、17.4㎡とは10畳のダイニングより若干広め、29㎡とは何と18畳近い豪華な
ダイニングリビングに匹敵します。屋外と屋内の差が有るとはいえ、これだけの空間を
必要とする「カースペース」を、有効にセットするのと、そうでないのとでは、
生活に決定的とも言える差が出ることは言うまでもありません。


場所取りが悪い、段差処理が悪い、狭い、となればこれはもう問題外。車の出
し入れに苦労するばかりか、事故に繋がることもあります。逆に、中と半端に
広すぎてもデッドスペースとなるだけで何の意味もありません。例えば、2台用
のカースペースで、左右・奥行き50㎝ずつ無目的に広がってしまうだけで、78㎡の
デッドとなります。


しかも、狭すぎ・中途半端に広すぎ、このような「カースペース」になってし
まう最大の原因は、住宅配置に有ります。既存住宅の場合は、「多目的カース
ペース」とする、新築住宅の場合は、住宅配置と並行して「カースペース」プ
ランを考える。こうすることで最も使い勝手がよく、しかも効率的な「カース
ペース」を確保してください。

関連のブログを見る


  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------