• 外構・庭の施工事例
  • おすすめ商品
  • 都心狭小地の外構を有効リフォーム
  • 料金について
  • 会社概要
  • お問い合わせ
HOME >> ブログ

ブログ

2018年7月9日

テーマ:その他

神戸エリア担当の戸田です。

何をさておいても、6月18日(月)午前7時58分に発生した最大震度6弱の
大阪府北部を震源とした地震で被災されました方々にお見舞いを申し上げます。
私も23年前の阪神淡路大震災を経験しましたので、大変さがよくわかります。

a170b2cdd73082b604aaba265a726d6e
この地震によりブロック塀が倒れ下敷きになり2人の死者が出る大惨事が起こりました。

0032edb1f48452781216db28ff968f4c
地震が起こる前は、まさかこんなことが起こるとは思わなかったでしょう。
しかし、危険なブロック塀による被害は事前に防ぐことができたはずです。

2018年5月10日

テーマ:その他

伊丹の荒巻バラ公園に行ってきました・・・

CIMG3364-300x1681
たまにはゆ~~たりと、このような景色の中で命の洗濯をします・・

CIMG3385-300x1681
健康で楽しい仕事をするために勉強を兼ねた心のリフレッシュです。

2018年5月9日

テーマ:その他

CIMG33227-300x1681

ライフアップの高槻事務所北側の駐車場で太陽の光が全く当らない場所で「アザミ」が咲いていて、写真を撮ろうとチャンスを待っていたら、あっという間に紫色の花は綿毛になっていました・・

タンポポと同じく綿毛で種子を遠くに飛ばす「アザミ」の綿毛です・・

本当によく似ています。私は始めて見るアザミ綿毛でした。

images31

こちらはタンポポの綿毛ですが、見分けがつかないくらい似ています。

自然の摂理を感じる現象でした。


2018年5月8日

テーマ:モデルプラン

32f553a6cc82648cb7c8dbeafacfd6b52
私の好きな樹です。
フェニックス ロベレニーです。
ヤシの樹の雰囲気が気に入っております。
今年の秋にホテルの露天風呂改修工事で使おうと思っています。
しかしそれは、私の案が採用されたときに実現します。採用されることを願ってプランを練っています。

2016年6月19日

テーマ:空間スケール考

駐車スペースの取り方


「空間スケール考」、というカテゴリタイトルを付けたのですが、昔勤めていた住宅会社さんで外構設計をしていたとき、本社の方から頂いた、今でもバイブルにしているパワーポイントを出力した束のタイトルです。

そして、いざ、現場で外構のリフォームの依頼を受けだすと「ああああ」ということがとても多い。

今回は駐車スペースについて、です。

駐車スペースは、よく幅2.5m×奥行5mといわれることが多いです。

実際のところそう設計されていて動かしようのない場合も多々あります。

ですが、上の写真のような建物を少しへこませているという敷地条件で、道路から5mで設計されているという敷地が実は
たくさんあります。
(上の現場はそうではないのですが)。

そんな5mの奥行について考えてみると、意外と厄介です。

でも、実際のところ、できる限り建物を広くしたいというのはお客様、住宅の設計担当の方の心理。悪気があるわけではなく、限られた敷地条件の高槻市・枚方市・茨木市といった都市近郊エリアでは、なかなか難しいところがあります。

そんな中で「せっかく奮発していい車も買ったし、簡易的なカーゲートくらいは付けたいわあ」ということで、

ご依頼を頂くのですがなかなかご提案に苦難することがあるのです。

カーゲートの種類のおさらい

まず、カーゲートの種類について、おさらいです。

電動・手動はさておき一応これだけあります。

シャッターゲート
シャッターゲート。

便利だけど、とにかく値段が高い。
跳ね上げ門扉
跳ね上げ門扉又はオーバードア。

値段も適度で便利だけど、都心物件の場合、柱がゲート本体より後ろに来るので邪魔。
あと場合によっては先にカーポートを設置していると高さや柱位置の取り合いで設置が難しい場合がある。
伸縮門扉、アコーディオン門扉
伸縮門扉、アコーディオン門扉。

価格は安いが、安く見える。
他には
引戸→引きしろが取れるわけがない。
チェーンポール、バリカ→あくまで仕切っているだけ。

とそれぞれ長所短所が。

ここで注目していただきたいのが。。。

アコーディオン門扉の厚み
アコーディオン門扉。
取っ手を入れると意外と厚みがあります。


駐車スペースを5m 後ろはすぐ建物。

例えば、人気のファミリーカーでいくとのヴォクシー車体寸法は全幅で4,695mm。

奥行5mの駐車場だと30.5cmしか隙間がないのです。

オープン外構だと実際は分譲地などの場合、U字溝やL型側溝が整備されていて、オープンの状態だと多少前に出ていても問題ないかもしれないのですが、カーゲートは当然道路境界線をこえてはアウト。

例えばコストを安くということでアコーディオン門扉を付けると取っ手が道路境界より20cm程度後ろに下がったところにくるんです。

ヴォクシー置けません。

チェーンゲート。

風で揺れたら車に当ります。

加えて高槻市の場合新しい住宅地はともかく、古い住宅地の場合、側溝が敷地内敷地外全く統一されていません。
万が一溝が敷地内でその溝を入れて5mという設定なんてことになるととんでもないことになります。

建物の設計段階での配置決定のとき、駐車スペースは5m程度で設定するのであれば「ゲートは付けない」ことを前提で。
将来少しでもカーゲートを付ける可能性があるのであれば奥行6mは必ず確保。
あと、意外と盲点なのですが、建築設計図面は住宅会社さんにも寄りますが、寸法を外壁からではなく、建物の芯から追いかけて寸法を設定することが多いです。


初めての住まい作りで後から気付くことが多い、駐車スペースについて、でした。





  • お客様の声
  • イベント情報
  • モデルプラン
  • デザインコンセプト
  • スタッフ情報
  • エクステリアの基礎知識
  • よくある質問
ローンシミュレーション
10万円から利用可能。金利3.1%~オリコのリフォームローンが利用できます(ローンシミュレーションページにリンクします)
フォトギャラリー
イメージパース集
ライフアップのスタッフブログ高槻で働くライフアップのスタッフブログ。エクステリア・庭についての情報をお届けします!
新築外構の相談は建物契約前に専門店へ!よろしければ「いいね!」を押してください。
   
      
  
  • E&Gアカデミー
  • 外構・庭工事ライフアップ モバイルサイト
    • 庭語り どっとこむ
    ---------------------------------
    【施工エリア】
    高槻市 枚方市 豊中市
    箕面市 池田市 吹田市
    堺市  西宮市 神戸市
    ---------------------------------